2006年11月15日

FCバルセロナ、負傷者続出…



ハビエル・サビオラ、リオネル・メッシ、
サミュエル・エトー、エジミウソン、、。
せっかくチケット取ったのにモチベーションダウンだなぁ。。
特にメッシは1番見たかったのに残念です…。
興行収入にかなり影響しそうですね(苦笑)

■FCBarcelona.com■
posted by mfa at 13:41| Comment(0) | TrackBack(1) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

エコール -INNOCENCE-



まさに”変態”な映画だ(笑)
それは変わりゆく状態の意でもあり、
異質という意でもある。

高い塀に囲まれ外界(異性)との接触を絶たれた
美しい森の施設で共同生活を送る少女達。
皆同じ白い衣装で身を包み、リボンの色でその年齢を見分ける。
イリスもまた新しくこの施設に新入してきた少女だ。
互いがリボンを引き継ぎ、また新たな1年が始まる。

イリスは何故自分がここに居るのかわからず、
しきりに弟のことを尋ねるが、
次第にその生活に馴染んでいく。
イリスと同じ年に新入した別の少女は
いつかここを脱走するとイリスに話す。
アリスはとある”審査”に合格することを望み、
イリスの世話をする最年長のビアンカは、
毎晩秘密の場所へ赴いた…。

一見、ワクワクさせられる設定の様ではあるが、
そんな展開は期待してはいけない。
少女達の夫々は色んな想いを抱きながらも、
物語は実に淡々と進む。そしてその背景にある
モノの意図さえ明確に記されぬまま物語は終わる。
こうゆう映画にあえて意味は見出さなくてもいいんだろう。
いずれも白衣の少女達の瑞々しさ…
特に夜中眠れず指をくわえて一点を見つめるイリスの表情や、
緑豊かな自然のバランスの中に均等に存在する、
明らかに作為をもった無機質な街灯…
そういった描写がなんとも印象的だ。



内容は論理的に理解し難いけど、
どこか惹かれる魅力を持った作品だと思った。
事実DVDとかも欲しいけど、、
ちと誤解を招きそうだなぁ…(苦笑)

■エコール■

ミネハハ
ミネハハ/フランク ヴェデキント
posted by mfa at 20:42| Comment(2) | TrackBack(9) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

Listen or Love|Jenny01

Listen or Love
Listen or Love

とりあえずジャケットがよさげなんで
気になって視聴したら気に入ってしまいました♪

jenny01
ネット上でも情報は少ないんだけど、
浅草出身のNAOKOってしとのソロプロジェクトで、、
ウィスパーボイスとかフレンチポップとか、、
まぁそんな感じで紹介されている。
ポストカヒミカリィなんて表現もあったり、、。
いずれもレディメイド系(?)な感じの人が
いろいろ絡んでいたり、要はそっち系ですかね。
Mansfieldことノリ君も参画してますし、、。

大貫妙子さんのカヴァー「都会」で始まり、、
全般的にジャジーな感じのサウンドが心地よいです。
もちろん彼女の真骨頂と謳われるウィスパーな声も
好き嫌いはあるかもだけど、あたしは好きですね。
ま、もともとカヒミも好きだし、、。

ジャケットが気になった人は
以下のサイトで視聴できます♪

■IMPERIAL RECORDS|jenny01■
posted by mfa at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

や、おん



夏に行われたbonobos(ボノボ)のツアーがDVDで登場です。
あたしも参画しましたがその時の記事はこちら(

いずれもこの時は激しい雨で大変でしたよ。
でも振り返ればそうしたアクシデントがあった方が、
より印象的なのも確かですね。
今となってはよい思い出です。

彼らにとっては初のやおん(日比谷野外大音楽堂)
DVD始めの30分はリハやインタビューが収められていて
ちょっとしたドキュメンタリーちっくになってます。
普段わからないメンバの素性(?)なんか垣間見れて
そうゆうのはおもしろいですね。
んで実際のライブは、、ま、普通(笑)
もともと彼らのライブパフォーマンスは地味な印象だし、、。
でも生のライブは間違いなくよいですよ♪
当日参加した人には記念になる作品ではないかと、、
観客に居るはずの自分を探してみるのも楽しいし。。
生ボノボ未経験者にはこのDVDでなくて、
まずは実際にライブを体験して欲しい…
といった感じですかね。あたし的には。。

野音も制覇し、来月にはSHIBUYA-AXでライブもあるし、
彼らはなかなか順調にステップアップしてるんじゃないでしょうか?
新曲の「Standing There ??いま、そこに行くよ??」も
視聴した感じではいい曲ですネ♪

ライヴ・アット・日比谷野音 「や、おん」
ライヴ・アット・日比谷野音 「や、おん」
bonobos
posted by mfa at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

アフォガート(バニラエスプレッソ)



発売から結構経っちゃったけど、
新作はやっぱり味見したいハーゲンダッツ。
今回はAffogato(アフォガート)...
名前だけだとなんじゃそりゃ!って感じだけど…(笑)

これはどうだろ?
エスプレッソの苦味がなんとも大人な感じですね。
他のに比べたらちと地味な味だなぁ…。
リピートはなし。。

てかどうも写真写りが悪いと思ってよく見たら
(単にあたしの撮影技術不足もあるけど、、)
これってカップの蓋がゴールドなのね。
蓋はやっぱ臙脂(えんじ)の方が見栄えがいいような…。

■Haagen-Dazs■
posted by mfa at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

吉野家の牛丼



先月は行けなかったけど、
今回はさっき行ってきました。
部屋から徒歩で1分位のとこに吉野家あって、
いつもはあまり繁盛してない店舗だけど、
今日はなかなか繁盛してましたよ。
かといって混乱する程でもないのに
ちゃっかり警備員も居ましたね。
あれ全店共通なんですか?…金かけてんなぁ。

いずれも大まかには3年振り?
こんな味だったかなぁとか半信半疑だったけど、
でもやっぱり美味しかったです。
最近”豚”に慣れきってて新鮮だったのかな?
昔は週3杯は全然平気で食べてた牛丼なのに、
こんなにVIP待遇になるなんてなんだか変な感じだ。

来月も復活祭、あるのかわかんないけど、
またあれば行っちゃいそうです。

吉野家
吉野家
茂木 信太郎
posted by mfa at 15:06| Comment(2) | TrackBack(2) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

取れちゃった…

全く気にしてなかったのだけど、
今朝起きてメール受信したら、、
何かのメルマガで今日がトヨタカップ、、
今で言うクラブ世界一決定戦?の
チケット発売日と知って、さっそくぴあにて、、。
かなり高額なのでちと躊躇したが、、エイっっと(笑)

去年はジェラードが見れてご満悦だったんだけど、
もちろん今回のお目当ては滅私…メッシですよ!
観戦は休日が良いというのもあって
チケットは決勝戦を購入したけど、
まさかバルサ、、負けないですよね???
ま、万が一負けたとしても同じチケットで
3位決定戦も見れるから。。
でもそうなったら決勝戦の観客動員より、
3位決定戦の方が多そうだな(苦笑)

■FIFA Club World Cup @日テレ■
posted by mfa at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

IE7日本語版正式リリース

とうとう出ちゃいましたね…。
あまり世の中は騒いでないような感じだけど、
あたしら(se)は既存システムの動作検証&対応に大変なのよ。
もち、β版とかRC1とかでは試しているけど、
正式版が出るまではなんともだしねぃ。。

とりあえず新Verはタグブラウジングが行える
のとかあとまぁ色々あるけど、、
あたしは仕事以外はアンチie派なので、
プライベートでこれを利用するつもりはない。

いずれもシンクライアントになる筈の
ブラウザが今では各製品ともクセがあって、
ほんとse泣かせなんですよ。。
幾ら大企業のWebシステムでIEのバグ見つけようと、
MSからすればインパクトは頗る小さく、、
「システムの安定性を優先して対応しない」
とか言ってくるし…(なんじゃそりゃ!…苦笑)
ほんとこの独占状態はなんとかならんのかね、、。
ま、確かにMSが色々変えてくるおかげで
あたしらの売上になる部分もあるんだけどね。

今回のVerUPはたいしたことないけど、、
ほんとに恐いのは次期WindousのVistaですよ、、
…アーメン♪

Windows Vista (RC1) 完全攻略ガイド?無料で試せる!
Windows Vista (RC1) 完全攻略ガイド?無料で試せる!

■Internet Explorer ホーム■
posted by mfa at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

負けちゃった…



柳本ジャポン、まさかの初戦黒星スタートですね。
あたしは最後の方しか見てないけど、
幾ら格下とはいえ、粘りのレシーブに速攻に
なかなか台湾頑張ってましたヨ。
逆を言えば全日本が調子悪かったんでしょうが、、。

女子バレーは結構好きなんですよねぃ、、
男子は全く見ないのに、、(笑)いや、男子のはこう、
パワーがすご過ぎて逆につまんないというか、、
女子みたく粘り強く拾ってラリーが続く感じが好きなんです。
あと女子の方がタレント性があるっていうか。。?

中でも高橋みゆき選手は大好きです。
カッコイイッ!って感じです♪
あの気迫溢れるプレーがたまんないですね。
あと最近気になるのは小山修加選手。
中国の走り高跳びの記録保持者かなんかなんですよね?
陸上をやらない条件で日本に帰化したという、、
バレーの経歴は浅いけど、なんとも頼もしい限りです。
あとあとアテネの頃は大友愛が大好きだったんだけど、
いつの間にかできちゃったようだし…(苦笑)

てことで今日のコスタリカ戦頑張れ!

全日本女子バレー 大友愛 フォトブック I Love・・・
全日本女子バレー 大友愛 フォトブック I Love・・・
posted by mfa at 13:57| Comment(2) | TrackBack(3) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

ドルアーガの塔



先日GAME BOY microを購入して、、
(そういや最近やってないが…苦笑)
色々と淡い昔を思い出したりしてたんですね。。
色んなゲームタイトルを思い出してみたり、、
そんな中で好きだったゲームとか考えてみたり、、
基本的にあたしは家庭用ではなくアーケードの
縦スクロールシューティングが大好きなんですよ。
当時だと雷電とかTATSUJINとか
1945とか究極タイガーとかとか…。

”打ちまくってかわしてかわして”

っていうのがなんとも気持ちよかったですね。
中でもゼビウス(1983年)なんかは
そのデザインや音楽に独特のセンスあったり、
ナスカの地上絵が登場するあたりも、
何とも神秘的で心奪われましたね。

ちと前置き長かったけど、、
そのゼビウスを手掛けた遠藤雅伸氏が
同じくデザインしたのがこのドルアーガの塔(1984年)。
ゼビウスに負けず劣らず、ゲームの構成
キャラクターデザインやBGMはほんとセンスあります。
特にドラゴンが出てくるフロアのBGMなんて
ほんとに神秘的で美しい音楽なんですよ♪

今思うと、当時のゲームは画像こそしょぼいけど、
だから余計想像力を働かせるというか、、
全然今の綺麗なだけ(?)のゲームなんかより
楽しめた気がするんですよねぃ、、主観だけど。



とにかくこのゲームがあたしは大好きで、
当時アーケードであったんだけど
(よく駄菓子屋とかに設置されてるやつね)
このゲームの醍醐味は何といっても
各フロアに登場する謎めいた宝物の出し方!
攻略本がない限りまず成り立たないという
作り手の強気の姿勢も良いです(笑)

色々調べてるとアーケード版を完全移植した
Win向けソフトがあったので購入しちゃいました。
といってもあたしん家はMacオンリーなので、
会社のPCに内緒でインストールして、
バレないよう楽しみたいと思います(苦笑)

Ultra2000 ドルアーガの塔
Ultra2000 ドルアーガの塔
posted by mfa at 13:32| Comment(5) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。