2006年12月25日

X'mas

哀れだね気分と裏腹に笑って過ごせる日々
ひとりきりでも大丈夫だって
言い聞かせてるつもり、でも…
誰かあたしと輝く星になってよ
もうすぐホラ見えなくなる
息苦しい部屋の中

明らかに明らかにバカだよ
嘘を飾ってばかり
いつも誰かに華を持たせてあたしは笑ってた
誰かあたしと輝く星になってよ
もうすぐホラ見えなくなる
息苦しい部屋の中

震えて踊るこんなはずじゃないし…
会えばまたきっとあなたを許しちゃうわ

あたしのために涙を流すかしら?

もう平気よずっと夢の中で一緒に暮らすから
会えばまたきっとあなたを許しちゃうわ

死ぬほど退屈な毎日…

SWEET
SWEET/Chara
posted by mfa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

安藤裕子@SHIBUYA-AX



多分これが今年最後の音楽参戦ですかね。
安藤裕子 LIVE "The Still Steel Down"
今年は春の同所(渋谷AX)駒沢公園でも観たから、
ねぇやん、これで3度目です。
今回は地方も巡るツアーという事で、
メジャーな曲がずらりと並ぶ内容なんだそうで…。

結論から言うと、今日はあまり声出てなかった感じですね。
もしかしたら明日も控えてるのでセーブしてるのかも?
最終日(12/22)にまた渋谷に戻ってくるんだけど、
やっぱ声はツアーを通じてこなれていくのかなぁ?
最終日は次もないし思いっきり声も出せるし、、
やっぱ行くなら最終日なんだろうなぁ。
でも今回は先約があったのですよぉ、、(ブツブツ…)

まぁ、そんな感じなんで、春のLiveの時に感じた
あのゾクゾクっとするような「声」は今回聞けず、、
そう考えると、今日が初ねぇやん!のしとは、
ちょっと残念でしたね…。客のノリも、、う??ん、、
やっぱ前回の方が良かった様な気がしますね。。
グダグダなMCは健在でしたが、、(笑)

セットリストはあまり自信ないんだけど、
とりあえず頑張って思い出してみた。
後でどっかのサイト見てこっそり訂正します…。
これから行く人も居ると思うので、、
見たい方は反転してどうぞ。

↓ここから↓
1.summer
2.のうぜんかつら
3.Baby Baby Baby
4.水色の調べ
5.サリー
6.み空
7.黒い車
8.The Still Steel Down
9.忘れものの森
10.星とワルツ
11.悲しみよこんにちは
12.ドラマチックレコード
13.TEXAS
14.星と夜の足跡 3つの提示
15.隣人に光が差すとき
16.聖者の行進
-en-
17.君は1000%
18.あなたと私にできる事

あたし的には「水色の調べ/サリー/み空」の流れと、
「ドラマチックレコード」から始まる濃密な終盤はGoo♪
「彼05」が聞ければ大満足だったんですが、、(苦笑)

↑ここまで↑

いずれも来年2月にはNewアルバム♪
して春(夏?)には ZeppTokyo でLiveあるようです。
交通の便が悪いからあまり好きではないのだが、、。
因みに今回のツアー名は"The Still Steel Down"だけど、
あたし的には"TEXAS"の方が好き♪

TEXAS
TEXAS

■安藤裕子■
posted by mfa at 23:50| Comment(0) | TrackBack(2) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

土岐麻子 vs akko

”vs”は特に意味はないんだけど、、。
お二方ともあたしの好きな声質の持ち主ですね。
奇しくも同じ日(12/6)にCDが発売されてます。

WEEKEND SHUFFLE
WEEKEND SHUFFLE

まず土岐ちゃん。つぅかここんとこ散々
”土岐ちゃん!土岐ちゃん!”
と喚いてたのでちとしつこいですが、
新作は昭和J-POPをメインとしたカバー集です。
坂本龍一に山下達郎、大滝詠一と大御所が名を連ねます。
CDジャケットに映るボーダーシャツを着た土岐ちゃんもCute♪
これまで何度か同じこと書いてるけど、
その各方面から賞賛されている彼女の声。
だけど、結構好き嫌いは分かれると思うんですよね。
特にソロになってからは顕著というか。
ジャズシリーズとか、英語曲を歌うときは
万人ウケする声質だと思うんだけど、
日本語曲の時はちとクセあります。
きっと本人は意識してると思うんだけどなぁ。
いずれもこれはこれで、その名の通り
週末まったりさらっと流す感じで良いかと。。

■土岐麻子■



akko
akko

でもってこちらはメジャーです。
MY LITTLE LOVER♪
つぅか、一般的には終わってんのか?(苦笑)
あたしはマイラバは大好きで
毎回新作が出るのが楽しみな人だったんですよね。
小林武史のPOPセンスは勿論だけど、
その哲学的な歌詞の世界もなかなか好きだったんですよ。
んで今回はakkoのソロプロジェクトとしての第一弾アルバム。
ま、だからって小林武史はちゃんと絡んでるんだけど、
サイトで視聴しただけでは何とも、、ですね。
レンタルされるまで待ちたいと思います。
いずれもakkoの決してうまくはないんだけど(笑)
何故か不思議と癒される声は健在です♪

■MY LITTLE LOVER■
posted by mfa at 21:37| Comment(3) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

土岐ちゃんの声に癒される…



てことでやっぱり行ってきた、
土岐麻子 presents「ウイークエンドがやって来る!」
前回のバインに続き、代官山UNIT連チャンです♪
バインの時と違って今日はヤロ??率がかなり高めでした…(苦笑)
にしてもバイン時はプレオーダーで整理番号500番弱。
今回は2日前にチケット購入で整理番号200番弱。
まだまだ認知度は低いんですねぇ、、
ファンにとっては有り難くもあるのだが。。

今回は初めに中塚武ってしとのゲストライブがあったので、
土岐ちゃんの完全ワンマンではなかったんですよね。
だから曲目も少なめでした。ほんとあっという間でしたね。
でも老体にはこの位が体力的にちょうど良いのかも?(苦笑)
セットリストは多分こんな感じ(↓)だったかと、、。

1.It’s a Short Life
2.ロマンチック
3.ウィークエンドの手品
4.夕暮れよ
5.土曜日の恋人
6.私のお気に入り
7.夢で逢えたら
8.君に胸キュン。
9.(Waitin’For A)Happy Ending
10.Takin’It Slow
-en-
11.Your Voice(with 中塚武)

とかくこの人はほんと見る度イメージ変わるなぁ…。
いずれも今日の衣装はちとSexyでしたね♪
そういえばMCで”出戻り”なんて言ってた。
あたしは初耳ですよ。そうだったのかぁ…と。

とりあえず今日は新作の”軽め”のお披露目って感じでしたかね。
来年(1/25)にはまたUNITでワンマンライブあるらしく、
やっぱ行くべきか…と、また悩みの種が、、(苦笑)
にしてもUNITのバッチ、2色揃ったのがちと嬉しかったり…(笑)



■土岐麻子■
posted by mfa at 23:56| Comment(6) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

コトリンゴ

Amazonさんの案内はなかなかくすぐられます(笑)
その繋がり方がなかなか憎いです。

安藤裕子→月桂冠(のCMソング)→コトリンゴ

要は月桂冠のCM繋がりデス。
いずれも”コトリンゴ”って誰やねん?
てな感じだけど、、なんでも坂本龍一のラジオの
オーディションにて発掘されたそうで。
ちと見たら当人の経歴もなかなか素晴らしい。
普通のしとじゃあないです(笑)
安藤裕子の「のうぜんかつら」の時の様な衝撃はないけど、
少し気に留めておこう…。

いずれも月桂冠のCMはセンス良いかと。
あたし的にはCMが良いと
その企業イメージも好印象です。

こんにちは またあした
こんにちは またあした

■commmons|コトリンゴ■
posted by mfa at 11:17| Comment(2) | TrackBack(2) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

土岐ちゃんに会いたい…

ついこないだバインで参戦したUNIT
土岐ちゃんのLiveやるの知ってたけど、
ふとぴあ覗いたらまだチケット残ってますね、、
Live、、…明後日なのに(笑)

もう売り切れとかだったら潔く諦めるのに、
余ってるとなると、、迷うなぁ…。
やっぱ行くべきかなぁ…。



土岐麻子 presents「ウイークエンドがやって来る!」
2006.11.30(木)代官山UNIT
open 18:30 start 19:30
adv.¥4,000-(税込) ドリンク代別 ¥500-
information:HOT STUFF 03-5720-9999

P.S.
12/6発売の新作「WEEKEND SHUFFLE」の
ジャケットは上の画像と同じくCuteでいい感じです♪
posted by mfa at 09:53| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

Club Circuit 2006

てことで行って参りました!
GRAPEVINE「Club Circuit 2006」@代官山UNIT
やっぱこの位のキャパの方が音響が心地好いっす♪
そして何故か今日は亀井君が気になりましたね、、
その服装のせいでしょうか?(笑)

とかく今回は新旧ごちゃまぜでなかなか新鮮でした。
あたしは前提知識「アリ」だったのだけど、、
これから行く方は全く無知で行くのも楽しいかも?
お!こう来るかぁ…みたいな(笑)

を縛りつける/素晴らしき迷路に舞うメッセージ
/甘いスウィーツをくれ/ありふれた日常で
地味なエスコートだ/して欲しくなった時は呼べ
/今更気付いて/旅です。とか大袈裟に言え
/また僕をくすぐった…

まぁこんな(↑)感じです。
セットリストは長野verと”ほぼ”一緒でしたね。
最後の最後で覚醒♪覚悟してたら、、、
ちと意表を衝かれました(苦笑)
最終日のリキッドも行きたいけど、、
ヤフオク、たけぇな…。

posted by mfa at 23:59| Comment(2) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

Listen or Love|Jenny01

Listen or Love
Listen or Love

とりあえずジャケットがよさげなんで
気になって視聴したら気に入ってしまいました♪

jenny01
ネット上でも情報は少ないんだけど、
浅草出身のNAOKOってしとのソロプロジェクトで、、
ウィスパーボイスとかフレンチポップとか、、
まぁそんな感じで紹介されている。
ポストカヒミカリィなんて表現もあったり、、。
いずれもレディメイド系(?)な感じの人が
いろいろ絡んでいたり、要はそっち系ですかね。
Mansfieldことノリ君も参画してますし、、。

大貫妙子さんのカヴァー「都会」で始まり、、
全般的にジャジーな感じのサウンドが心地よいです。
もちろん彼女の真骨頂と謳われるウィスパーな声も
好き嫌いはあるかもだけど、あたしは好きですね。
ま、もともとカヒミも好きだし、、。

ジャケットが気になった人は
以下のサイトで視聴できます♪

■IMPERIAL RECORDS|jenny01■
posted by mfa at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

や、おん



夏に行われたbonobos(ボノボ)のツアーがDVDで登場です。
あたしも参画しましたがその時の記事はこちら(

いずれもこの時は激しい雨で大変でしたよ。
でも振り返ればそうしたアクシデントがあった方が、
より印象的なのも確かですね。
今となってはよい思い出です。

彼らにとっては初のやおん(日比谷野外大音楽堂)
DVD始めの30分はリハやインタビューが収められていて
ちょっとしたドキュメンタリーちっくになってます。
普段わからないメンバの素性(?)なんか垣間見れて
そうゆうのはおもしろいですね。
んで実際のライブは、、ま、普通(笑)
もともと彼らのライブパフォーマンスは地味な印象だし、、。
でも生のライブは間違いなくよいですよ♪
当日参加した人には記念になる作品ではないかと、、
観客に居るはずの自分を探してみるのも楽しいし。。
生ボノボ未経験者にはこのDVDでなくて、
まずは実際にライブを体験して欲しい…
といった感じですかね。あたし的には。。

野音も制覇し、来月にはSHIBUYA-AXでライブもあるし、
彼らはなかなか順調にステップアップしてるんじゃないでしょうか?
新曲の「Standing There ??いま、そこに行くよ??」も
視聴した感じではいい曲ですネ♪

ライヴ・アット・日比谷野音 「や、おん」
ライヴ・アット・日比谷野音 「や、おん」
bonobos
posted by mfa at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

sophie milman

Sophie Milman
Sophie Milman

やっぱりこのジャケットが気になりましたね(笑)
決して好みとかそんな顔じゃないんだけど、
そのクラシックな配色というか雰囲気というか、
なかなか惹き付けるものがあります。

iTunes USA ジャズアルバム週間チャート1位!
の実績は勿論、彼女のルーツとなるロシア民謡から
POPS、ボサノバも加えたスタンダード集なので
あたしみたいなジャズ音痴でも十分楽しめるはず♪
(あたしが曲名を見てパッとメロディが思いつくのは
 「バラ色の人生」だけだけど…苦笑)

とかく23歳と思えないその風貌と
それに恥じない彼女の表現豊かな歌声は
このジャケットを気に入る人なら
まず間違いないかと思われます♪…(?)

■@Victor Entertainment|ソフィー・ミルマン■
posted by mfa at 11:24| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

「あ、うん。全国そんな感じつあー」TOUR

Beautiful

どんな感じやねん!(笑)
と突っ込みつつも雨の中行ってきました。
bonobos@日比谷野外音楽堂(野音)。
bonobosは1月の「黄金伝説」ツアー以来、
野音は5月のカエラっち以来ですね。
座席はかなり前寄りになりましたよ♪

雨でどうかと心配だったけど、
全くそれを感じさせない良い内容でした。
もちろん晴天であれば言うことなかったのですが、、(苦笑)
前回のツアーは「愛してるぜ」「運命の人」は
ストリングスとの絡みが絶妙だったけど、
今回はホーンセクションが加わって、これまた贅沢でしたね♪
個人的には「on and on」とかの終わり方はすごい好みです。

「THANK YOU FOR THE MUSIC」はもちろん、
「あたらしいひ」「あの言葉、あの光」「運命の人」
「あまい夕暮れ」「光のブルース」とか良かったなぁ。
披露してくれた新曲もなかなか良かったです♪

そう言えば今回のライブ?(ツアー?)がDVDになる
とか言う話もあるけど、そしたらもち買いますっ!
隣でカメラが客席一生懸命映していたので
もしかしたら映ってるかも?(でもカッパ姿だけど…苦笑)
あと話は逸れるけど先日のカエラっちのCircleツアー(野音)も
6月にMUSIC ON! TVで放送してましたね。
こちらは米粒位には映っていた様な気がします(笑)


※Attention,please!(木村カエラVer)
posted by mfa at 11:37| Comment(5) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

あなたと私にできる事



6月ですよ。June brideですよ。
てことで間違いなくあたしの中で、
今一番お勧めのウェディングソング♪

二人が永い時間を過ごす上で起きるであろう
一見マイナスな部分をとても前向きに表現している。
ま、一種の”おのろけ”ソングとも言えるか?(笑)
でも彼女でないとこの良質な"言葉"は
なかなか作れるものではないだろうなぁ…。
とか思うのです。

「いつも私に恋をして
 二人かいかに馴れ合いを見せようとも
 私がそばに居ない事を
 悲しみと知り涙とか落としてよ??」

とかく安藤裕子の詩の世界観というか、
この「涙とか」でいう”とか”の使い方が
あたし的にはとても好みな表現なのです。
涙以外にあと何を落とすというのか…。

「わがままとか言って
 二人は傷つけあうから
 無関心な言葉じゃ
 心が慰められない??」

パッと見若そうで居て、
実はもういい歳なんですよねぃ、、彼女。
だてに長く生きてないということですな、、。
いずれもその表現力に納得&脱帽です…(苦笑)

あなたと私にできる事
あなたと私にできる事

■安藤裕子■
posted by mfa at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

バインのCMソング♪


 ↑ "♪GRAPEVINE" に注目!

カナさんとこで知りました。
(カナさん有り難う♪)

SUNTORY CHU-HAI「カロリ。」
なかなか地道に努力しておりますね…?(笑)
CMソングなんて、なんだか大衆化しそうで、
でも結局メジャーにはならないんだよなぁ…。
ま、それがファン心理的には結構嬉しかったり♪(?)

でもこれってカバーなんですよね。
1980年はノーランズって人達の2nd.シングル
Gotta Pull Myself Together って曲らしいです。

それはそうとですね、、
優香さん、玉山さん、黙っててくれませぬか?
田中っちの声が、ちゃんと聞こえないので…(苦笑)



■カロリ。■
posted by mfa at 22:16| Comment(5) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックアウト/アジカン

真魚板の鯉はその先を思い浮かべては眠る
光るプラズマTV 来たる未来の映像♪

最近この曲好きです。
あ、これauのCMソングだったのね…。
そう言われれば確かに。
CMの時点でアジカンとわからないあたしは
ファン失格ですな(苦笑)

いずれもやっと馴染んできたアジカンの新作
ファンクラブ
つぅか遅すぎですよね…(汗)
ま、元々あたしは音が馴染むのは遅い方で、
しかも音楽聴ける時間も忙しくて少ないから、、えぇ。

それほどマニアックなファンではないけど、
アジカンはずっと好きですよ。
確かに初期の頃と比べると最近のは
荒削りな心地よい疾走感というか、、
そうゆうのはあまり感じないけど、、
それでもこうゆうPOPセンスは素晴らしいと思います。
言葉が文学的なのもとてもあたし好みですね。
あたしの頭ではさっぱり意味は理解できませんが(笑)
それでも好きです。

仕事で行けなかったSHIBUYA-AXが悔やまれます…(涙)
早く行っとかないと、初期の頃の曲とか、
きっとライブではなかなか聞けなくなるんだろうなぁ…とか。

ファンクラブ
ファンクラブ

■ASIAN KUNG-FU GENERATION■
posted by mfa at 09:08| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

sweet home adabana 2005



大分ほったらかしてました…すんません、、。
てことで、4月に発売されたバインのDVD♪
これに収録のZeppTokyoには参戦してませんが、
SHIBUYA-AXには参戦してました。
とにかくこのツアーは今までのとは違って、
とても幸せそうで楽しそうな田中っちが印象的でしたね。
上の画像にもそれが現れているかと…?(笑)
きっと私生活も同様に幸せなんだろうなぁ…と思いました。
この中だと「adabana/アンチ・ハレルヤ」の流れとか好き。
特にアンチ??はスタッフも含めて皆で楽しんでましたネ♪



あとつじあやのちゃんのサプライズ♪
スカイラインのduo、とっても良かったです!
そして…、、
何ということでしょう!
(劇的ビフォーアフター風に…笑)



「Everyman,everywhere」

珍しく(?)感極まってましたね、、。
中盤の少年/それを魔法と??/放浪フリークも
それなりにキテた感じでしたが、これは圧巻!
それ程想い入れが深い曲だったのね…。
あたしにはその想いの全てはきっとわからないけど、、
その田中っちの必死に歌う姿に感動してしまいましたよ。
その1つ1つの言葉が身に染みるようで、、。
改めて素晴らしい曲だなぁと実感。

??いつも通りの道を
 そう、いつもと同じ風
 違うな…
 今ならわかるだろ???

いずれもほんとに良いツアーだったと思います。
ますます次回作、ツアーが待ち遠しいですね♪
なかなか息の長いアーティストが
そのクオリティを保つのは大変だと思うけど、
バインはまだまだ楽しませてくれそうで嬉しい限りです。

sweet home adabana 2005
sweet home adabana 2005

■GRAPEVINE■
posted by mfa at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

FRUITS CLiPPER

いつの間にか出てましたね、capsuleの新作♪
SF3部作というのはどうやら本当のようで、、、。
今回は所謂歌モノではないです。
あ、でもiTuneのみで発表してた「jelly」は、
唯一の歌モノかな…、でも歌詞カードなし(苦笑)

いずれもSF3部作で見せたCuteでカラフルな感じではなく、
きっとCDジャケットのイメージ通りでしょう(笑)

FRUITS CLiPPER
FRUITS CLiPPER

■capsule■
posted by mfa at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

木村カエラ@日比谷野音♪

ap_ueto
※Attention,please!(by上戸彩)

主題歌になってるとは知らんかった…(汗)
カエラちゃんの「Attention,please!」も
彩ちゃんに負けず劣らず可愛かったですよ♪(笑)

てことでGW(5/5)の歌姫第3弾はカエラちゃん♪
-木村カエラ ライブツアー 2006“Circle”-
野音(日比谷野外大音楽堂)も久しぶりです。
HEAVENとか、ちょい出の林檎ちゃんとか行ったなぁ…と。
いずれもあの廃れ具合が良いですな(苦笑)

遠からず近からずの座席だったんだけど、
無論、カエラちゃんの顔までちゃんと見れるわけなく、、
でも可愛いのは何故かわかりますね、はい。
ピンクのベルトも可愛かったです♪

彼女のライブはDVDでしか聞いた事ないけど、
それに比べたら今回は声、すごく出てましたね。
成長の証でしょうか?

tea cup♪に始まり、happiness!!!♪で終了。
アンコールを2度挟んでの2時間弱、
全く時間を感じさせない内容でしたね。
新作(2nd)は殆ど聞けてなかったのだけど、
それなりに楽しめました♪

安藤裕子×2)、土岐麻子、木村カエラ…
このGWはなかなか贅沢でしたな♪

「アテンションプリーズ」サウンドトラック~OH PRETTY WOMAN~
「アテンションプリーズ」サウンドトラック
~OH PRETTY WOMAN~


■木村カエラ■
posted by mfa at 11:19| Comment(4) | TrackBack(4) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

MUSIC DAY 2006@駒沢公園

mday2006

昨日ですけどね、有言実行?ってことで行ってきました。
MUSIC DAY 2006 アコースティックライブ@駒沢公園

ほんとは現地に着くまでは迷ってたんですよね。
徒歩で10分位なので、ロモ片手に散歩がてらぷらぷらと。
気がついたらチケット買ってました(笑)
開演時刻(12:00)に行ったけど、まだ人もまばらで、
結構ステージに近いとこ座りました。
参加アーティストは以下。

堀下さゆり
松千
OTGOO(オットゴ)
浜田亜紀子(GO!GO!7188)
saigenji
安藤裕子
遊佐未森

あたしは勿論姉やん目当てですが、
後で調べたらHPでタイムテーブル公表してた。
開演同時に行く事もなかったかな…(苦笑)
でも他の人もそれなりに楽しめました。
予定があったので遊佐未森は聞かず退散しましたが、
そうゆう人は多かったですね。安藤裕子強し!(笑)
この日は5曲歌ってくれました。
メンバーもSHIBUYA-AXの時の
太鼓とコーラスのしとを除いては揃っていて、
なかなか豪勢なメンバーでした。
マイクチェックで「ぷぁっ!…ok♪」って言ってたのは
ちと笑えました。…んで、また泣いてましたね(笑)

のうぜんかつら/ドラマチックレコード
/あなたと私にできる事 etc.

何でもMUSIC DAYとしての駒沢公園は今年が初めてらしく、
翌年以降も続けて欲しいものですな。
チケットも安いし、チケット買わなくても、
会場の外から全然聞けちゃえるし、なんとも穏やかで。
たまには野外で音楽というのも心地好かったです♪

mday2006a
posted by mfa at 11:57| Comment(0) | TrackBack(2) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

Toki Asako cafe tour final

cafe_t

てことで4/30に行ってきました。
MOODSTOCK at My Humble House Tokyo♪

大ラスの土岐ちゃんの前に3組演奏があるんですよね。
それまで空腹状態でワインとか飲んでたから、
肝心の土岐ちゃんの頃は結構…怪しい感じでした(笑)

いずれも生の土岐ちゃんはこれが初めて。
声は言わずもがな癒されますですが、
本人もとても可愛い感じでしたね♪
「次の曲でラスト…あ、次の次でラストだ…」
みたいな小ボケもあったり(笑)

オリジナルからは「私のお気に入り」歌ってくれました。
今回はSTANDARDSシリーズがメインで、

My Favorite Thing♪
Just One Of Those Things♪
雨に歌えば♪
ノルウェーの森♪
Human Nature♪
September♪
When You Wish Upon A Star♪(encore)

てな感じでしたかね(あまり自信ない…汗)
いずれもその名の通り、スタンダードなので、
あたしみたいなしとでも充分楽しめました♪
きっとどこかで1度は耳にする名曲ばかりです。
オリジナルよりもJAZZを歌う時の声の方が
全く癖がなくて、本人の素のような気がしますね。
あたしはオリジナルのちょっと癖のある声も好きですが…。

あと、アクセサリーブランド agete とのコラボで
「TOKI ASAKO×ageteオリジナルチャーム」
も頂きました。でも、、これって女性用???

standards~土岐麻子ジャズを歌う~STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~STANDARDS gift~土岐麻子ジャズを歌う~
STANDARDS ??土岐麻子ジャズを歌う??
(左から、1ston the sofagift

■土岐麻子■
posted by mfa at 13:12| Comment(2) | TrackBack(2) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

安藤裕子@SHIBUYA-AX

ando-ax

行ってきました!
Merry Andrew ツアー最終日。

良かったですよ♪えぇ。
このしとはほんと声が良い、好きです。
やっぱり人様に聞かせる歌というのは、
巧い下手ではないんですな。
聞き手に届くか否かでしょう。
改めてそう思いましたね、えぇ。

この日はふりふり白いドレス。
曲の合間、間奏や、歌の最後で都度見せる、
ちとした女の子的仕草はいちいち可愛かったです♪
歌っている時とのギャップがまた引き立たせるのかな?

Liveで改めていいと思う曲って
どんなアーティストでも必ずある。
今回印象的だったのはまず「み空」。
歌詞の内容がいつも以上に入ってきました。
あとは「Lost child,」…泣いてましたもんね、、。
彼女にとってはとても想い入れがあるのかなぁ…と。
”迷子に振り払われる”という箇所が
いつも聞くのよりもとても印象的で…。

隣人に光がさす時/聖者の行進♪はほんとに大好きな流れ。
2nd.を引っさげてのツアーだから違うのかな?
とも思ったけど、そう来るのね(笑)
でも個人的には「彼05」も聞きたかったなぁ…。

てな感じであたしは初安藤裕子でしたが、
なかなか楽しめました♪
5/4には駒沢公園でイベントもあるみたく、、。
家から歩いて行けるとこだし、行ってみようかな?

the Moon and the Sun
the Moon and the Sun

■安藤裕子■
posted by mfa at 13:27| Comment(5) | TrackBack(6) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。