2006年05月31日

時効警察「霧山バッグ」

aip

ご存知(?)時効警察でオダギリジョー君が
よくナナメ掛けで使用していたバッグ。
なかなか良いなぁ…とか思いつつ、
どこぞの何というバッグか全く検討つかずでしたが、
色々と偶発的なきっかけが繋がり、、
A.I.P(アン アメリカン イン パリス)のモノと発覚。
そもそもあたしはそんなメーカすら知りませんでした(笑)

バッグの大きさは2通りあって、
これはデザインは一緒だけど、サイズが一回り小さいVer。
もちろんナナメ掛けだって出来ます。
京都の写真参照)

時効警察はなかなか好きなドラマだったけど、
さすがにDVDまでは買おうとは思わないな…(苦笑)
んで久しぶりHP覗いたら、DVD発売記念として
六本木ヒルズで全話イッキ観オールナイト企画もあるらしい、、。
かなり辛そうだけど、オダギリ君も登場となれば、
ちと行ってみたい感じもしたりしなかったり、、。
応募締切りは本日(5/31)までですよん♪

時効警察 DVD-BOX
時効警察 DVD-BOX

■時効警察■
posted by mfa at 13:25| Comment(6) | TrackBack(6) | fashion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

グリーンティー&マスカット



一見気付かないですよ…これ。
よく見たら、緑茶じゃないですか!
なんともためらう感じの商品ですね、、
でも一度は飲んでみたくもあり、、
と買ってみましたが、
全く違和感なく飲めちゃいます♪
ま、そもそも紅茶に砂糖ってことは、
緑茶に砂糖でもイケるわけですよね?(?)
いや、試した事はないけど、、
あの、誰か試してみてください…(笑)

普通のに比べたら後味は
こっちのほうがすっきりする感じでしょうか?
あの甘さがまとわりつく様な感じではないですね、、
緑茶らしく、清く爽やかな後味です♪

■Lipton■
posted by mfa at 16:39| Comment(0) | TrackBack(1) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下妻物語



なにげにTVでやってましたね。
てことで以前の記事(旧Blog)から拝借…。

深キョンがロリロリなんだけど、
性格が超クールでかなり笑える♪
多少先は読めるものの、テンポは小気味良い。
アメリちっくなとことかね…。ほら、
急に現実世界から抜けちゃうみたいな…とことか。
表現し難いけど…。そうゆうの良かった。
うん、やっぱ作り方はアメリっぽい。

”不幸を背負うより幸せを勝ち取る事のが勇気が居る!”

忘れたけど、そんな感じの台詞はちとジーンときたかな。
それを子供(深キョン子供時代)が自身の母親に向かって
言い放つシーンとか相当笑えた♪
「あなた何歳?」(深キョン子供時代)
「33歳」(深キョン母)
「ギリね…」(深キョン子供時代)
確かこんなやりとりだったかと…。
そしてそれは自身へも問いかける…。
「あなた何歳?」(深キョン子供時代)
「17歳」(現深キョン)
「最悪ね…」(深キョン子供時代)

ま、観た人じゃないと伝わらないか…。
あとは少し「趣味」と「仕事」に対する考え方とか、
そうゆうところはちと考えさせられたり…。
あたし的には全然満足な作品でした♪

下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉
下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉

■下妻物語■
posted by mfa at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

バインのCMソング♪


 ↑ "♪GRAPEVINE" に注目!

カナさんとこで知りました。
(カナさん有り難う♪)

SUNTORY CHU-HAI「カロリ。」
なかなか地道に努力しておりますね…?(笑)
CMソングなんて、なんだか大衆化しそうで、
でも結局メジャーにはならないんだよなぁ…。
ま、それがファン心理的には結構嬉しかったり♪(?)

でもこれってカバーなんですよね。
1980年はノーランズって人達の2nd.シングル
Gotta Pull Myself Together って曲らしいです。

それはそうとですね、、
優香さん、玉山さん、黙っててくれませぬか?
田中っちの声が、ちゃんと聞こえないので…(苦笑)



■カロリ。■
posted by mfa at 22:16| Comment(5) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックアウト/アジカン

真魚板の鯉はその先を思い浮かべては眠る
光るプラズマTV 来たる未来の映像♪

最近この曲好きです。
あ、これauのCMソングだったのね…。
そう言われれば確かに。
CMの時点でアジカンとわからないあたしは
ファン失格ですな(苦笑)

いずれもやっと馴染んできたアジカンの新作
ファンクラブ
つぅか遅すぎですよね…(汗)
ま、元々あたしは音が馴染むのは遅い方で、
しかも音楽聴ける時間も忙しくて少ないから、、えぇ。

それほどマニアックなファンではないけど、
アジカンはずっと好きですよ。
確かに初期の頃と比べると最近のは
荒削りな心地よい疾走感というか、、
そうゆうのはあまり感じないけど、、
それでもこうゆうPOPセンスは素晴らしいと思います。
言葉が文学的なのもとてもあたし好みですね。
あたしの頭ではさっぱり意味は理解できませんが(笑)
それでも好きです。

仕事で行けなかったSHIBUYA-AXが悔やまれます…(涙)
早く行っとかないと、初期の頃の曲とか、
きっとライブではなかなか聞けなくなるんだろうなぁ…とか。

ファンクラブ
ファンクラブ

■ASIAN KUNG-FU GENERATION■
posted by mfa at 09:08| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

アボカドチップ?



美味しい♪
でもあたしの舌では
アボカド具合は特に感じられず…(苦笑)

アボカドといえば、
最近はサラダとかでなく、
チーズ乗っけてオーブンしたりとか、
加熱調理系も結構イケますね♪
posted by mfa at 13:41| Comment(4) | TrackBack(0) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

やっぱり気になる「ダ・ヴィンチ・コード」



もうどこもかしこもコレですよねぃ、、。
そら幾ら天邪鬼といえども気になりますよ。
テレビじゃ特番組んだりしてたし、、。
本も映画も気になりますよ!
特に映画なんて洋画音痴なあたしでも
知ってる人出てるし…(笑)

あたしにとっては、、
グリーンマイルのしとでしょ♪
レオンのしとでしょ♪
アメリのしとでしょ♪

でも映画の評価はイマイチですよねぇ。?
本も映画も未経験なしとはどうすればいいのでしょう?
本読むのもダルいしなぁ…、、
映画じゃ本質はわからんかなぁ…、、とかね。

でもあれですよね、
これってその、あの、「こじつけ系」ですよね?
社会一般的な解釈を曲げるというか、、
いや、こじつけ系が嫌いではないです。
その「こじつけ具合(こじつけセンス)」が重要なんす!

あたしが思いつく典型は
グラハムハンコックの「神々の指紋」。
これの内容のこじつけ方は、
あたし的にはロマンがあって好きでした。
真実はどうあれ話は面白かった。宇宙規模だし、、
でもダヴィンチはそれに比べると
なんだか狭い世界でしょぼいなぁ…とか(苦笑)
…あ、相当勝手な妄想してますが、、。

ま、何だかんだいって読むか観るかするんかな…。
供給側の思惑通りではないか!(笑)

ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥

■ダ・ヴィンチ・コード■
posted by mfa at 12:13| Comment(5) | TrackBack(8) | entame | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

プラナリアと女子高生



写真だと一見ヒルみたいだし、、
苦手な人も居ると思うので書いてみた(笑)

週末のテレビで初めてその存在を知った。
なんでも世界最大の科学コンテスト
「国際学生科学技術博覧会(ISEF)」
でプラナリアの研究を行った埼玉の女子高生が
動物学部門の一等賞に選ばれたそうだ。

プラナリアは北海道北部を除く、
日本各地の水辺に生息しているらしく、
(あたしは見たこともないが…)
その強い再生能力や生態について、
その手の分野では有名な生物らしい。
(色々調べると結構面白いです、、?)

近頃のニュースの多くは殺人事件ばかり目立って、
こういったニュースはあまりないように思う。
そもそもこういった喜ばしいニュースが少ないのか、
テレビの視聴率的観点から殺人事件などといった
大衆の興味を惹く(?)ニュースばかりになるのか、、
真意はわからないがもっとこういったニュースも
大々的に扱って欲しいと思うのです…。

ヤな事ばかり報道してたら未来はますます暗くなるよ、、。

世界一を受賞した女子高生は自身の夢の前に
まず大学受験が目標なんだそうだ。
テレビのしとも言ってたけど、
ちゃんと実績を評価して受験免除とかさ、、
あってもいいと思うんですよねぃ、、。
具体案はもっと色々あると思うけど、
そういった事が未来を担う世代の活躍の場を
限りなく広げてくれると思うのです。
机に向かってひたすら暗記する事が
学業の全てではないですよ!…とね。

切っても切ってもプラナリア
切っても切ってもプラナリア
阿形 清和, 土橋 とし子
posted by mfa at 21:05| Comment(10) | TrackBack(1) | science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストライプタイ



最近よく考えてみると、ネクタイ、、
もう1年ほどストライプものしか買っていない…。
いずれもこの歳になって(高卒入社15年目…汗)
ようやく自身に合ったネクタイの選び方が
わかるようになってきた気がする。
これまでは結構当たり外れ多かったもんなぁ…。
なかなか出番の来ない不憫なタイもあり、、
てかドリカムの「太陽が見てる」みたいな文句だな…(笑)
出番の来ない不憫なカメラ??♪



ネクタイは結構難しいですよ。
もちろんシャツとスーツと三位一体なわけですから、、
シャツとかスーツとか色々持ってる中でこれとあれとで
イケる?とか汎用性を考えたり、似たのは避けるとか、、
…あ、それって結局服選ぶのと同じか、、(苦笑)
いずれもネクタイを選ぶのは楽しいです♪


※これは去年の夏に購入
posted by mfa at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | fashion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

PINE Pocky

pinepocky

このパッケージデザインがなんともレトロで好みです。
味はきっと想像通りかと…。
いずれもパインチョコといえば、
沖縄土産位しか思い起こされません…。
因みにハンバーグに乗るパインも、
酢豚に入るパインも大好きです♪(笑)

■Pocky■
posted by mfa at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

sweet home adabana 2005



大分ほったらかしてました…すんません、、。
てことで、4月に発売されたバインのDVD♪
これに収録のZeppTokyoには参戦してませんが、
SHIBUYA-AXには参戦してました。
とにかくこのツアーは今までのとは違って、
とても幸せそうで楽しそうな田中っちが印象的でしたね。
上の画像にもそれが現れているかと…?(笑)
きっと私生活も同様に幸せなんだろうなぁ…と思いました。
この中だと「adabana/アンチ・ハレルヤ」の流れとか好き。
特にアンチ??はスタッフも含めて皆で楽しんでましたネ♪



あとつじあやのちゃんのサプライズ♪
スカイラインのduo、とっても良かったです!
そして…、、
何ということでしょう!
(劇的ビフォーアフター風に…笑)



「Everyman,everywhere」

珍しく(?)感極まってましたね、、。
中盤の少年/それを魔法と??/放浪フリークも
それなりにキテた感じでしたが、これは圧巻!
それ程想い入れが深い曲だったのね…。
あたしにはその想いの全てはきっとわからないけど、、
その田中っちの必死に歌う姿に感動してしまいましたよ。
その1つ1つの言葉が身に染みるようで、、。
改めて素晴らしい曲だなぁと実感。

??いつも通りの道を
 そう、いつもと同じ風
 違うな…
 今ならわかるだろ???

いずれもほんとに良いツアーだったと思います。
ますます次回作、ツアーが待ち遠しいですね♪
なかなか息の長いアーティストが
そのクオリティを保つのは大変だと思うけど、
バインはまだまだ楽しませてくれそうで嬉しい限りです。

sweet home adabana 2005
sweet home adabana 2005

■GRAPEVINE■
posted by mfa at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンゴーヨーグルト



期間限定にしなくても良いですよ…(笑)

いずれもこのハンディタイプは結構好きです♪
食べきり感もあるし、衛生的だし、、。
こんなんで食する時代が来るなんて考えもしなかったのにね。
昔だと完全に宇宙食のイメージですもんね。
慣れというのは怖い…。

アロエはもちろん、ブルーベリーも好きなんだけど、
どうもなかなかありつけないんだよなぁ…。



■森永乳業■
posted by mfa at 14:29| Comment(4) | TrackBack(0) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

間宮兄弟

mamiya

正直期待外れだなぁ…。
江國香織に豪華なキャスティング。
佐々木蔵之介/塚地武雅(ドランクドラゴン)
/常磐貴子/沢尻エリカ、、
それに負けてしまったかな、、(苦笑)。

以下、辛口(あくまで主観)。

あたしが映画に求めるものを表現するのは難しいが、
やはり時間や金銭といったものへの対価は欲しい。
これにはあたしが映画として求めるものがなかった。
ストーリー性は全く弱いし、笑わせるにも中途半端。
確かにクスッと笑えるところはある。
でも2時間ずっと当たり外れのあるコントを
延々と見せられている様で観ているのが退屈だった。
こうゆう系に2時間も必要ないと思うんだけどなぁ…。
初めて塚ちゃんを観た人なら違った感じ方になるかもだけど、
彼の演技も結局はねるでやってる事と大して変わりない…。
それが余計痛々しいというか…。
(塚ちゃんは悪くないのだけど…)
芸人が映画でも芸人をやっているというかね、、
芸人が映画で役者をやるなら意味があるんと思うんだけど、、。
これならちゃんとした俳優を使った方がまだマシだったろうとか。
結局あたしには沢尻エリカちゃんが可愛いかったのと、
(この子はどんどんキレイになってく感じだな)
常磐貴子の役所が少々面白かった位しか印象がないな(笑)

「間宮兄弟はどこにでも居る」

…いや、居ないでしょう、幾らなんでも(苦笑)
原作は読んでないから、どこまで忠実なのかわかんない。
だけどもし内容にそれ程差異がないとしたら、
これは江國香織の作家としての、女としてのエゴにしか思えん。
少々オタクな感じのモテない30代の独身兄弟の無垢さ(?)
のようなものを表現したかったのかもしれないが、
その演出に無理がありすぎる…決してリアルじゃない。
仲が良さを表現するにも、イマイチ表面的に思えるし、、。
そんな兄弟が簡単に美女2名とカレーパーティ♪
ってのも、あっても勿論いいが、展開が安直過ぎる。
無論フィクションだとわかっていても、
あたしにとってはそれを割り切れない位の酷さだ。
やっぱり女性が男を描くにはこれが限界なのかもしれない。
兄弟の表面的でキレイな面だけじゃなく、
もっと陰湿な部分も欲しかった。
そうすればもっとマシになった様な気がする。
もしかしたらこの不快感は森田芳光のせいかもしれないが、
いずれも彼の作品はもう観たくない感じかな。

隣がたいして面白くないとこで大袈裟に笑うし、
独り言は言うし、、、それもうざかった…。
隣がそうゆうのだと、かなり萎える(苦笑)

間宮兄弟
間宮兄弟
江國 香織

■間宮兄弟■
posted by mfa at 11:26| Comment(5) | TrackBack(14) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

FRUITS CLiPPER

いつの間にか出てましたね、capsuleの新作♪
SF3部作というのはどうやら本当のようで、、、。
今回は所謂歌モノではないです。
あ、でもiTuneのみで発表してた「jelly」は、
唯一の歌モノかな…、でも歌詞カードなし(苦笑)

いずれもSF3部作で見せたCuteでカラフルな感じではなく、
きっとCDジャケットのイメージ通りでしょう(笑)

FRUITS CLiPPER
FRUITS CLiPPER

■capsule■
posted by mfa at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

食われる前に食っとけ!

babystar

てかさ、ドイツじゃなくて
ブラジルの間違いですよね…(苦笑)
posted by mfa at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MacBook

macbook

うぅ、欲しいですねぃ…。えぇ、欲しいです!

とうとう、iBookの呼称は終わったのですね。
あたしの今のは去年の夏に購入したし、
別段なんら不自由はないから買い換える必要もないし、、。
でもMacは安いからつい触手が伸びそうですわ(苦笑)

思えばMyPCを初めて手にしたのが1996年。
EPSONのVIVITY NOTEでしたか…。
当時はWin95で28Kbpsの電話回線でしたね。
何をトチ狂ったか、Mac(iBook G3)にしたのが2002年。
そんでG4に格上げしたのが2005年…。
6年、3年、ときたらやっぱ3年は我慢ですか?(笑)

今回は黒いMacもお目見えですね♪

macbook2

■アップル■
posted by mfa at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | item | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

「超」整理法

未だ読んだ事はないが、
デスクワークをしている人であれば
一度は耳にするのでは?

所謂、図書館のような分類方式ではなく、
時間軸で情報を管理するというもの。
例えばあいうえお順で名刺を管理するのではなく、
時系列に管理するといった感じ。
例えば書類棚があったとして、
新しい書類を左、左へと並べていく。
自然と右側の書類は古いものとなる。
やがて古い書類を確認する時が来る。
その際、その書類はまた左へ並べる。
結果、重要なもの(アクセス頻度が高いもの)ほど
左へ寄り、不要な情報は右へ追いやられるといった感じだ。
これは捨てる技術にもつながる。

新しいパソコンや、新しいプロジェクト、、
それを期に毎度「今度こそは整理整頓!」などと考えるのだが、
いつしか破綻するのが常である…(苦笑)
職種や向き不向きはあるかもしれないけど、
この考えはなかなか理に適っていると思う。
クローゼットに掛けられた洋服や、
畳んで重ねたTシャツにその兆候は伺える。
けれどそれでも分類しようとしてしまうのは
一体、いつどこで生まれた性なんだろう?

恋愛についてもしかりである…?(笑)

「超」整理法―情報検索と発想の新システム
「超」整理法―情報検索と発想の新システム
野口 悠紀雄

■野口悠紀雄Online■
posted by mfa at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

BOURBON-FRANCE

bourbon-key

やっと見つけたAIR FRANCEのブルボンキーホルダー。
レイモン・サビニャックのデザイン。
えぇ、きっと知っています。
気になったら検索でもしてみてください(笑)
チョコレート食べてる子供の絵とかね。

タイミングもあるんだろうけど、
なかなかありつけなかったんですよね。コレ…。
あ!っと思ったら Sold Out みたいな…(苦笑)
あまりコンディションは良くないのだけど、
それほど気にならない程度です。
おまけで、デザインとその色味が好みだったので、
ブルーグレーのも一緒に買いました。
なかなか渋くて良い♪

たかがキーホルダー、
されどキーホルダーですけどね、、
この暖かみのある風合いがなんとも♪

ひみつのブルボンキーホルダー Les Porte-cles Bourbon
ひみつのブルボンキーホルダー Les Porte-cles Bourbon
森井 ユカ
posted by mfa at 21:14| Comment(6) | TrackBack(0) | curio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今井寿 -IMAI HISASHI-



大脳の成熟と共に青年は、
突然目の前に開かれた高度な精神世界に魅了され、
いつしか人生を思索するようになる…。

あたしの人格形成に多大な影響を与えただろう
初めて出会ったアーティスト、今井寿。
いわずもがな(?)BUCK-TICKのギタリスト。
そのルックスやパフォーマンスに奇怪なメロディ…。
当時学生のあたしにはそれがなんとも心地よく響いた。
なんとも予定調和でないメロディに魅了されたのだろう(笑)
ギターを低く構えた姿がたまらなくカッコ良かった♪



当時誰しもが布袋に憧れギターを手にした様に、
あたしも今井に憧れギターを手にした。
(流石に左利き用ではないが…苦笑)
奇怪で奇妙で何故か心地よいメロディに、
あっちゃんのこれまた不可思議な言葉が絶妙に協和音を奏でる。
そしてスキャンダルが伴えば尚更若者は魅了される。
…覚醒剤に活動休止、、。

特に「3rd.TABOO」はそれまでの彼らのイメージを一蹴し、
良くも悪くも多くのファンに多大な衝撃を与えた。

TABOO (デジタル・リマスター盤)
TABOO (デジタル・リマスター盤)

あたしが彼らを追った期間は短かったかもしれないけど、
今も尚メンバーも変えず活動し、
各世代において新たなファンを獲得している
彼らはにはつくづく感心させられます。

■BACK-TICK■
posted by mfa at 11:51| Comment(4) | TrackBack(0) | human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

そうだ!京都行こう♪ part3

 part1part2

前回よりかなり間が空いてしまいましたが、
記事UP遅れたのにはちとした理由が…。
あのぅ、カメラのフィルムって、
ネガとリバーサルってあるんですね、、。
生まれて、えっと、何(十)年だ?(笑)
無知でした…(汗)
でも結果いい勉強になりましたよ♪

簡単にいうと一般的なのはネガで逆はリバーサル…?(笑)
要は後者は昔からあるスライドとかに使われる、
現像後のフィルムがそのままのカラーなんですね。
蛍光灯板みたいのに乗せて、丸いので除く…みたいな。
所謂プロっぽい♪みたいな、、。
(超てきとーだな…笑)

いずれも玄人好みのってことでしょうか。
フィルムはどうあろうと、
肝心のカメラが今時でない代物、
且つ超庶民派仕様なので、
フィルムの持ち味は全く活かされていないと思うわけで、、。
隅に日付が入るのも今やナンセンスですよね?(笑)

pro_bn
posted by mfa at 03:13| Comment(5) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。