2006年04月30日

安藤裕子@SHIBUYA-AX

ando-ax

行ってきました!
Merry Andrew ツアー最終日。

良かったですよ♪えぇ。
このしとはほんと声が良い、好きです。
やっぱり人様に聞かせる歌というのは、
巧い下手ではないんですな。
聞き手に届くか否かでしょう。
改めてそう思いましたね、えぇ。

この日はふりふり白いドレス。
曲の合間、間奏や、歌の最後で都度見せる、
ちとした女の子的仕草はいちいち可愛かったです♪
歌っている時とのギャップがまた引き立たせるのかな?

Liveで改めていいと思う曲って
どんなアーティストでも必ずある。
今回印象的だったのはまず「み空」。
歌詞の内容がいつも以上に入ってきました。
あとは「Lost child,」…泣いてましたもんね、、。
彼女にとってはとても想い入れがあるのかなぁ…と。
”迷子に振り払われる”という箇所が
いつも聞くのよりもとても印象的で…。

隣人に光がさす時/聖者の行進♪はほんとに大好きな流れ。
2nd.を引っさげてのツアーだから違うのかな?
とも思ったけど、そう来るのね(笑)
でも個人的には「彼05」も聞きたかったなぁ…。

てな感じであたしは初安藤裕子でしたが、
なかなか楽しめました♪
5/4には駒沢公園でイベントもあるみたく、、。
家から歩いて行けるとこだし、行ってみようかな?

the Moon and the Sun
the Moon and the Sun

■安藤裕子■
posted by mfa at 13:27| Comment(5) | TrackBack(6) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

車両一面のヒマワリ

sunflower

皆お揃いの黄色い帽子を被った子供の団体。
埋め尽くされたちっちゃな「きいろ」が
車窓の青い空に映えて眩しい。
会話や笑い声は耐えることない。
騒々しいが決して悪くない。
皆表情は明るい。
その希望に満ちた笑顔は
なんとも清清しい気持ちにさせる。

数名先生らしき人物が伺える。
遠足なのだろう。
あたしは混ざってポツンと立っていた。

想像した。
やがて彼ら彼女らがこれから成長していく姿。
帽子は取れ、黒い頭はどんどん高くなり、
車両は車窓も映せない位埋め尽くされるだろう。
やがてその表情は膠着し、
詰め込まれた車両で互いは個を主張し合い、
ただただ沈黙を守る…。

そんなミライは与えたくはない…。
posted by mfa at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | mind | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

ネコムライスが食べたい…

きょうの猫村さん
きょうの猫村さん
ほし よりこ

かな??り乗り遅れた感は否めませんが(苦笑)
いつも本屋に立ち寄ると買おうか否か…と迷いつつ、
ようやく決心が付いたので買ってみた。

こらすぐ読破しちゃいますね。
でも確かに面白い♪
かなり緩くて温いタッチと
なかなか細かな描写がたまらんですな。

ネコムライスにネコムライスエッグ…(笑)
リーゼントにすりすりしちゃったり、
ピチ夫君に泣き虫刑事のチノパン。
眠れずに爪を研いだり…。
むぅ、なかなか憎い演出…。
なんといっても、ちょうちょ結びが
いつも縦になってるとことかツボです♪
そして何故「NECO」(笑)
しかも当人気付いてなかったし…(爆)

いずれも彼女(?)の振る舞いは、
猫好きにはたまりませんですよ♪

そんなかんなで「2」も間もなく発売!
石鹸と手ぬぐい(?)の付いた
湯けむりバージョンも気になります♪

きょうの猫村さん 2
きょうの猫村さん 2
ほし よりこ

→2ゲット♪(5/31)
posted by mfa at 12:56| Comment(9) | TrackBack(3) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

エアターミナル風味

bosecd

ちとボケてしまっていますが、、
昨年初めに購入したBOSEの WAVE RADIO/CD が、
なかなかそれっぽい感じを出してます♪
アールデコ調というかね…。
いずれも購入後にすぐ新機種が出た…。
ま、根に持ってはないのだけど、
注文時に一声欲しかったですなぁ、BOSEさん。
(やっぱ根に持ってる?…笑)

んで前に並んであるのが、
ダイキャストの模型で有名な
herpa社(ドイツ)の旅客機。
別に旅客機マニアでもなんでもないのですが…。

全て1/500なので本物の大きさもこの位の比率なんですね。
手前はブラニフのBOEING707、やっぱでかい。
中はTedのAirbus。奥はハンガリーのやつです。
(適当ですんません…)

いずれも飛行機は滅法苦手なくせに、
こうゆうエアライン系(?)は結構好きですね。
実家(福岡)へ帰るの毎度新幹線ですからね…(苦笑)
そういや北九州空港がリニュ?したらしいけど、
毎日17往復って、そんな利用者居るのかなぁ…?

エアライングッズコレクション―大空からの贈り物
エアライングッズコレクション―大空からの贈り物
posted by mfa at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | interior | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

尾崎豊 -OZAKI YUTAKA-

ozaki

??心すれ違う悲しい生き様にため息漏らしていた
 だけどこの目に映るこの街で僕はずっと
 生きてゆかなければ
 人を傷つける事に目を伏せるけど
 優しさを口にすれば人は皆傷付いてゆく??

いつから彼を意識したのかよく覚えていない。
高校のカラオケで彼の歌を歌っていた記憶はある。
でも学生時代はバンド活動に明け暮れていたあたしにとって、
彼のようなピンの歌い手はあまり興味なかった。

あたしが入社した春に彼はこの世を去った。
あ、因みにあたしは高卒故、
年齢の計算は間違いなきよう…(笑)

単刀直入に言うと「好き」である。
きっと評価は別れるんだろうな。
カラオケを歌うときも一応気を遣う(苦笑)
彼の無垢で純真な想い…、
だからこそ成長と共に苦悩する結末。
いずれも彼にとって”大人”とは、
居心地が悪かったに違いない。

3rd.アルバム辺りまではどれも好きだ。
中でも「傷つけた人々へ」は
以前も書いたが特にお気に入りの1曲♪
当時、青二才のあたしにとって彼の言葉は響いた…。
もちろん、他も数えきれない。

街の風景/はじまりさえ歌えない/十七歳の地図
/僕が僕であるために/SCRAMBLING ROCK'N'ROLL
/SCRAP ALLEY/ダンスホール/存在
/路上のルール/Forget-me-not etc.

今の若者に彼の歌は伝わるのだろうか?
彼の表現の1つ1つは今となっては無骨で暑苦しい。
悪い言い方をすればダサいともいえる…(苦笑)
ま、それも仕方ないのだろう…。
いずれもあたしが彼に出会えたのは嬉しい事だ。

十七歳の地図
十七歳の地図
回帰線
回帰線
壊れた扉から
壊れた扉から

■Yutaka Ozaki Official Site■
posted by mfa at 13:07| Comment(2) | TrackBack(0) | human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

弁護士のくず

kuzu

前期はオダジョー君の時効警察が個人的に一押しだったけど、
今期はこれで決まりですな♪
このちりちりヘアーと三枚目加減の豊川悦司が
なんともいい案配です♪
やっぱいつも二枚目を演じがちな俳優が、
あえて三枚目を演じるのはなかなか面白い。
ま、そもそもこのしとは変な役多いか?(笑)
それまでトヨエツはあまり興味なかったけど、
これで少しは好きになりました。

あたし的には毎回変わる?
彼のネクタイが結構ツボです。
イケてないようでイケてますもんっ☆
あと、あの林檎ほっぺもね♪

知人に「”この”トヨエツに似てる。」と言われた。
…いや外見2割、性格8割ですかね?(笑)
どうもちりちり頭具合とそのバカさ加減が似てるらしい…。
(あたしはあそこまでちりちりではないのだが…苦笑)
いや、バカというより彼がドラマで演じてる内容は
バカげた風だけど案外真っ当ですよね?(?)

やっぱTVドラマはこういう風に気楽に見れて、
ちょっとしたとこに笑えたりできるのが
今のあたしの好みらしい…。

■弁護士のくず■

※記事中多少不適切な発言がありました事をお詫び申し上げます
posted by mfa at 22:10| Comment(0) | TrackBack(1) | entame | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スチームボーイ -STEAMBOY-

steamboy

WOWOWで放映されていたので観る。

大友克洋といえば「AKIRA」が有名だ。
そのスピード感や音楽に圧倒されつつ、
少し中だるみというか、
終盤はやけにしつこかった記憶があるが(笑)
それでも当時は衝撃だった。
その後は「老人Z」も観た。
コメディタッチでありつつも、
これも高齢化社会をテーマにする等、
大友克洋のメッセージ性を強く感じた。
メトロポリスはまだ観ていない。

さてスチームボーイ。
「AKIRA」の時のような衝撃はないが、
それなりに飽きずに観ることはできる…かな。
産業革命まっただ中の英国を舞台に様々思惑が交錯する。
科学とは?発明とは?家族とは?国家とは?
そして決して答えは強要しない。
それは観た者がいかようにも捉えればいいだけだ。

いずれも彼の描くスピード感(疾走感)や、
独特のタッチは好きだ。
特に女性の描き方は誰に媚びるわけでなく、
宮崎モノのそれとはまた違った魅力だ。
人間の陰陽の描き方(表現)が好きと言うか、、
言葉では難しい…(苦笑)

正直…悪くない。という表現かな。
面白くないわけではないのだけど、
イマイチ高揚感には欠ける…。
あくまで主観。

スチームボーイ 通常版
スチームボーイ 通常版

■STEAMBOY■
posted by mfa at 11:52| Comment(2) | TrackBack(1) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

浅野 忠信 -Asano Tadanobu-

asano

てことであたしが魅了される同性のひとり。
きっかけはチャラの旦那というとこからで、
それまで興味というか、存在すら知らんかった…(笑)
何故にここまで彼に魅了されてしまったんだろう?
その明確な要因ははっきりわからずにいる…。
彼はあたしにとってなんだか不思議な存在だ。
(皆にとってもそうかもしれないけど…)

いずれも1973年生まれで同い年だし、
ごく稀に似てると言われるので多少親近感あり♪
(実際は親父が浅野君に似てる…
 あたしは完全に母親似である…orz)

先のSWITCHにもこれまでの作品が掲載されていて、
なかなか見応えあるのですが、
彼を意識して実際に鑑賞した作品はごく僅か。
(下記のリンクがそう)

バタアシ金魚/あいつ/青春デンデケデケデケ
/眠らない街??新宿鮫??/春の一族/fried dragon fish
/119/麻酔/まばたきの海に/四姉妹物語/幻の光
/私の叔父さん/PiCNiC/Helpless/ACRI/FOCUS
/wkw/tk/1996@7'55"hk.net/命捧げ候/ユメノ銀河
/東京日和/タイフ??ン・シェルタ??/ラブ&ポップ
/ねじ式/鮫肌男と桃尻女/孔雀/白痴/双生児
/地雷を踏んだらサヨウナラ/御法度/五条霊戦記/party7
/風花/ディスタンス/ELECTRIC DRAGON 80000V/殺し屋1
/私立探偵 濱マイク/水の女/アカルイミライ
/わたしのグランパ/座頭市/DEAD END RUN/ココロ、オドル。
/トーリ/茶の味/地球で最後のふたり/父と暮らせば
珈琲時光SURVIVE STYLE 5+/ヴィタール/埋もれ木
東京ゾンビ/乱歩地獄/誰がために
/エリ・エリ・レマ・サバクタニ/ナイスの森…


こうして改めて見ると、
あたしもまだまだ勉強が足らんですなぁ…(苦笑)
でも今後も頑張って彼の作品を観たいと思います。

■Tadanobu Asano Official Web Site■

※記事中不適切な発言がありました事をお詫び申し上げます
posted by mfa at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

特集:浅野忠信@SWITCH

間違いなく「買いっ!」でしょう♪

switch200605
2006年5月号(Vol.24 No.5)
特集:浅野忠信
[映画が照らした150日4カ国の旅]

■SWITCH■
posted by mfa at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都と言えばティラミスチョコ♪

t-chocco

てなぐらい色んなブログで拝見しますね。
所謂アーモンドチョコのテラミスVerですよ!
(余計わかんないような…笑)
そら京都行ったら買うしかないでしょう!とね。
外見(ブルーの包装)は品があるのか否か、、
微妙な案配でありますが…(笑)
ココアパウダー?を纏った真の姿は
なんとも高級感漂います♪

うん、確かに美味しいですよ。
そんな衝撃的な感動を覚える程でもないですが…。
確かにおいち♪止められん…(苦笑)

but、がしかしっ!

都内で売っとったぁ。
(あたしは目撃してないがそうらしい…)
てことで都内在住でこれ欲しい方は、
キャバクラが多数存在する某所を徘徊すれば
出会えそうな気はしますです♪(?)
てか、最近はどこでも売ってるのかも?
posted by mfa at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

そうだ!京都行こう♪ part2


※画像をクリックすると画像が変わります(part1

pro_bn
posted by mfa at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

かもめ食堂

kamome

いつの間にか公開劇場が拡大してますな…。
てことでさっそく月曜日からチネチッタ行ってきました。
人少ない…、20人は居なかったな。うん(笑)

素直にほんわか穏やかに笑顔になれる作品ですかね。
ちとしたSFちっくは不要な様にも思えましたが、
とかくもたいまさこさんがなかなかツボでした。
最後は首紐付いた猫まで預かっちゃうし…(意味不明…笑)
いずれもフィンランドの自然や市場の色彩が
とても鮮やかできれいでしたね。
これ見たらきっとフィンランドに行きたくなります。
定番のアラビアのTEEMAやロールストランドのOrigo
(今はどちらもiittalaブランドですが…)
あたしの憧れAntti Nurmesniemiのコーヒーポットと…、
北欧雑貨も盛りだくさんでした。

anntiN

珈琲にシナモンロールにおにぎり…。
お腹を満たして鑑賞に望みましょう♪(笑)

かもめ食堂
かもめ食堂

■かもめ食堂■
posted by mfa at 11:28| Comment(9) | TrackBack(13) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

EdTSUWAKIコラボTシャツ♪2006Ver

edT06

有言実行!てことで週末買ってきました。
今年のはエドツワキ&ネメス姉妹(Lui&Riyo)とのコラボ、、
てかその姉妹は存じ上げませんが…(汗)
一緒に売ってた蜷川さんのうさぎも良かったんですけどね、、
さすがにこのお値段で2枚は…。

usaT

一度買い物してしまうと最後、
とたんに色々買いたくなってしまうあたし、、。
この日も色々と買ってしまいました…orz...
季節も良くなってきたし、フリマでも企画するかな(笑)

とかく今年は製産数が少ないらしいので、
気になった方はお早めに♪

■MEN'S MELROSE■
posted by mfa at 13:42| Comment(4) | TrackBack(0) | fashion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

そうだ!京都行こう♪


※画像をクリックすると画像が変わります。

pro_bn
posted by mfa at 12:37| Comment(6) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ポリー・マグー お前は誰だ?

pmagu

Qui etes-vous Polly Maggoo?

一応カテは映画なのですけど、ことの始まりは、
ズバリ!このポスターに殺られちゃいましたネ…(苦笑)
オリジナルは確かすごい値が張るんですけど、
あたしのはレプリカなので…。
トイレに貼っております♪

pmpos

VOGUE誌のアート・ディレクターも勤めた写真家、
ウィリアム・クライン初の長編映画(1966年フランス)。
内容は少し難解…というか、
決して万人受けする映画じゃないです。
一応コメディ(っぽい?)ですが、
当時流行の”モード”を皮肉ったメッセも入っているとか…。
やっぱりこの手のはじっくり見るというよりは、
BGM(Movie)としての使い方がBetterかなぁ。
とかく当時のファッションとか、60年代おふらんす…
な感じが好きな人は楽しめる…かも?(?)

ポリー・マグー お前は誰だ
ポリー・マグー お前は誰だ
posted by mfa at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EdTSUWAKIコラボTシャツ発売!

edtwk

てことで去年はこのTシャツに随分、、
いや、あたしのブログ人生を変えたと言っても
過言ではない程のインパクトを与えてくれました。
(過去Blog記事はコチラ

毎春恒例?のMEN'S MELROSEとのコラボT。
今年も明日(4/15)発売です♪
HPでデザインも見れますが、
やっぱあたしはエドツワキ氏のが良い。
でも蜷川実花(ニナガワミカ)さんの
うさぎもいい案配です。
てことで明日はお店に行って来たいと思います。

edtwk2
バックもよろし♪

因みにProfileで着ているのもコレです★

■MEN'S MELROSE■
posted by mfa at 11:27| Comment(0) | TrackBack(1) | fashion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

norm69

norm69

その名の通り
1969年にデンマークでデザインされたパズルランプ。
パズル、というか、単に組立て式と言う事です。
プラスチック板69枚で組み立てるんですけどね。
…69枚って、これまた憎い演出♪(笑)
最初はノートパソコン位の箱なんですよ。
それを2??3h地道な作業で作り上げるのです。
あの、正直もう二度と作りたくないです…(笑)
いや、似たような作業をたんたんと続けるのは苦痛ですよ。
しかも結構力が要るので、指先とか痛くなっちゃったり。
いずれも完成形はこんな感じ。

norm69room

色はホワイトとクリームがあって、
サイズは小さいのと大きいのがあるんだけど、
これはクリームの小さいVerです。
小さいのでも随分大きいと思いましたね。
上の画像じゃそんな感じはしないけど、
実際はもっと大きく感じると思います。
あと色は明かりを付けるとクリームの方が
暖か味がある感じになるんだけど、
明かりを付けないとどうもタバコのヤニで
黄ばんでる感じがしますな(苦笑)

NORM69/クリーム ノーマン ノーム69【送料無料】圧倒的な存在感やさしい灯りの ノーマン・コペ... NORM69/ホワイト ノーマン ノーム69【送料無料】圧倒的な存在感やさしい灯りの ノーマン・コペ...
posted by mfa at 13:18| Comment(5) | TrackBack(0) | interior | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

春だ、いよいよいよかんだ!

jelly_iyo

このマルハの今日のくだものシリーズ好きです。
その名の通り、くだものごろごろ食べ応えあり♪
ていうか、そのパッケージ(文句)が微妙にツボです(笑)
どうせなら…いよいよ松本伊予♪、、とか
…いよいよ”い??予感♪”、、とか(苦笑)
いずれも季節限定モノはやはり抑えておきたいですな。
この伊予柑も美味しいけど、夏の甘夏も好きですね♪

jelly_bb

こちらは最近?出たブルーベリー&ナタデココ。
「ブルーベリー&ナタデココなの。」
その”なの。”って甘え具合がよろしいです(笑)
これはなかなか食べるには見た目がその…(苦笑)
ほんとにブルーベリー丸ごとぼこぼこ入ってますから…。
見ようによっては気持ち悪い?(笑)
ま、ブルーベリー好きにはこれはたまらんですかね、、。
あたしは勿論OKです♪

■MARUHA■
posted by mfa at 12:24| Comment(3) | TrackBack(0) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

そうだ!京都行こう♪ [グルメ編]

タリラタリラタリララ??ン♪(JR東海)
てことで行って参りました。
実は京都は中学生の頃の修学旅行以来。
何年前じゃ!(笑)

kyoto_g
南禅寺拝観の前に、
創業300年?の名店”奥丹”の湯どうふ。
貴重な昔どうふと普通のがあるのだけど、
昔の食べたら普通のは食べられません(笑)
いや、甘みがあって美味しい♪
あたしらの次に来た客からは、
もう昔どうふは品切れで…ラッキー♪
(満足度:90%)

kyoto_g
哲学の道を通り、
銀閣寺の後に寄ったラーメン”ますたに”。
鶏ガラに背油もよろし。
600円という良心的な価格と、
博多ラーメン同様、真っすぐな細麺があたし好み。
もちろん味もよいです。
(満足度:83%)

kyoto_g
円山公園の枝垂桜の後寄った”てんてん”。
ネギ焼きの意味も知らず店員に教わる。
あ、そうゆうことですか(笑)
一切れ食べて、撮影忘れててこの様…。
これも勿論お好み焼きも美味しかった♪
(満足度:92%)

kyoto_g
平野神社、北野天満宮の後で寄った”鳥岩楼”。
かなり質素な見栄えの親子丼だけど味は絶品!
一緒に付いてる鶏ガラスープも良い。
ここの水炊き食べたかったなぁ…(切実)。
あの、ここ、確実に食べ逃げできますね、、(笑)
(満足度:95%)

kyoto_g
醍醐に行った帰りに寄り道した三条。
”はやし屋”の特性あんみつ。
この黒蜜がたまらんかったですよ。
ワラビ餅に白玉に寒天に…もう言う事なし♪
(満足度:87%)

kyoto_g
錦市場から新京極を歩いて”かねよ”。
あの、この画像だと「???」てな感じですが、
この卵の下に鰻が待っているのですね♪
でも、味はイマイチかな?(?)
(満足度:74%)

kyoto_g
京都伊勢丹で購入し帰りの新幹線で食べた
”はつだ”の特選和牛弁当(だっけ?…笑)
値段張るだけあって香ばしくまいう??♪
この下にはキャベツもいい感じで居ります。
(満足度:80%)

ロモっち大活躍?の続編は未定…。
posted by mfa at 21:30| Comment(5) | TrackBack(1) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

Lomo LC-A(ロモ)

lomo

淡く彩る春の訪れと共に、
なんだか連れて歩きたくなります。
ロシア製の軍用カメラからはじまり、
世界のアイドルカメラへと変貌した「ロモ」。

思えば去年の春ですね、
生産中止のニュースが流れたのが。

デジタルな世界に囲まれてると、
ついついこういったアナログ感が
たまらなく恋しくなってしまいます♪
フィルムをセットする行為、巻く行為。

「あぁ、こうして写真って撮れるんだぁ…」

モノを知るとはこうゆうことなんだと。
なんだかとても幸せな気持ちになれるのです。
特に初期不良チェック作業の中の、
光量でシャッタースピードが変わる様とかね…。

もちろん、デジカメが便利な事は知っている。
でもたまにはフィルムを現像に出して、
予測できない結果を待ちわびるのも悪くないですヨ♪

-10 GOLRDEN RULES OF LOMOGRAPHY-
 01.どこに行くにもLomoをつれていこう。
 02.昼でも夜でもいつでも撮ろう。
 03.Lomoは人生のジャマじゃなく、人生の一部です。
 04.できるかぎり被写体に接近して撮ろう。
 05.考えるな!
 06.早く!速く!
 07.フレームにどうおさまるかなんて、知ろうとしなくてOK!
 08.何が写ったか、わかんなくてもOK!
 09.オシリの位置からも写してみよう!
 10.ルールなんかないさ!!


てことでお出かけしてきます。
しばし。

■Lomography Japan■
posted by mfa at 23:14| Comment(26) | TrackBack(0) | item | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。