2006年02月28日

優しい重力

いつかは僕も歳を取り死ぬ時
こんな日の事を思い出すのかな?
あなたのかくいびきが優しくのしかかる
僕らの住む町にもそろそろ月が出る…

GOLDEN DAYS
GOLDEN DAYS
bonobos, 蔡忠浩, 佐々木康之

■bonobos■
posted by mfa at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひれ酒につぎ酒

久方振りに都内で河豚(ふぐ)を食した。
実家に帰るともれなくありつけるのだが、
今年の正月は帰省してないので…。

お店の選択はあたしなりのこだわりがある。
安易なグルメサイトはあまり信用できない。
その手の本も同様…。
もちろん当たり外れは仕方ない。
けれどまず大店舗のお店は避ける。
席数も少なければ少ないほどいい。
出来れば食材を知り尽くし、それを活かせる
板前さんの手の届くところで食す方が良いから。
店舗が大きいと店員の手腕で色々と差異が生じる。

少々うんちくが過ぎたが、
結果今回はスバリ当たり♪

銀座の地下道にある小さなお店。
席数は十数名でいっぱい。
もちろん店員は板前の店主とその夫人のみ。
お互いけなし合ってはいるが仲がいいのはわかる。

いずれもひれ酒に驚いた。
ここまで色鮮やかに香ばしいひれ酒は記憶にない。
「良いひれは2度3度と楽しめる」
2杯目以降は1杯目と同様のひれに、
お酒のみを足すつぎ酒となる。
とんこつラーメンの替え玉のようなものだ。

河豚の季節が終わると京懐石に変わると聞いた。
いずれの季節も、また来てみたいと思った。
それは料理の味だけじゃなく、
店主や夫人との会話も含めたその店の
なんとも温かい店の雰囲気がそう思わせる。

料理は大名 値段は足軽!

■ふく司■
posted by mfa at 15:42| Comment(8) | TrackBack(0) | cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

Middle Tempo Magic/安藤裕子

生きてゆけるのは未だ訪れない…、
しかしいつか訪れる「いつ」を待ちわびるからだろう。
でなきゃあたしはとっくに死んでる(笑)

久しくこんな衝撃的な出会いはなかった。
こんな出会いがあるから生きてるんだろうと思う。
誰かが計らったタイミングにたいして意味はなく、
きっと自身に相応しい時期にそれはやって来るのだろう。
これ程饒舌(?)になれるのも彼女のせいだ。
それは理屈じゃなくて"恋"に似た感じ…。
騙される騙されたは他人が決めるべきではない。

何の因果かMARQUEEでその存在を知った。
供給側の演出?と思わせる様なトリッキーな発言も、
これまでのアーティストにない音楽への不真面目さも…。
だからといって惹かれるに理由はない。
一見病的でいて極めて健康的な声も、
おおよそそうは思えない外見にしても、
それ程彼女にはあたしを惹き寄せる何かがある。
…褒め過ぎか?(苦笑)

決して"意図しない"彼女の"意図"が聞き手の"意図"を操る。

何とも軽快で奔放で心地好いロマンチックに始まり、
ドラマチックレコード/隣人に光が差す時/聖者の行進
といった濃密な終盤は圧巻!

Middle Tempo Magic(CCCD)
Middle Tempo Magic(CCCD)

■安藤裕子■
posted by mfa at 14:55| Comment(9) | TrackBack(2) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

japanese beauty

shizuka

荒川静香 金メダル!

とにもかくにも世間はこの話題で持ちきりだろう。
世界の祭典で自国の選手が表彰される事は
理屈ぬきに嬉しいものだし、幾分穏やかになれる。
賛否両論あるかもしれないけど、
果敢に4回転に挑戦した安藤美姫も潔く感じた。

あとたいした事ではないけど、
荒川静香、村主章枝、安藤美姫。
皆12月生まれなのね…。
えぇ、だからってどうこないけど(笑)

irir23さんも以前同じような事を記事にされていたが、
あたしもこういった世界の祭典…
例えばオリンピックやワールドカップ観戦に至っては、
NHKに限る。逆に言えば過剰に装飾された民放はきつい…。
自国をそれ程贔屓せず、淡々と語られる的を得た解説。
あたしにとっては心地よい。
posted by mfa at 11:37| Comment(5) | TrackBack(5) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

私の部屋づくり -2006春号-

myroom0602

(↑)あたしの部屋が掲載されました。
ま、あたしに印税が入るわけでないので、
立読みで結構です♪(笑)

撮影は去年の9月だったのですが、
当初は「やらせとかあんのかな?」とか思ってたり。
ほら、予めよさげな雑貨用意してくれてたりとかね。
でも実際はそうゆうの全くなかったですよ。
炊飯器だけは片付けられましたが…(苦笑)
あと、若干コメントの脚色あり、、。

いずれも部屋に気をとられ、
自身の服装までは十分にケアできず…。
もっとキメとくべきだったと少々後悔。
今となってはホワイトバンドも痛々しい(笑)
…ていうか、なんだろ?
他の部屋と見比べるとあたしの部屋は
かなり見劣りしてるような気がします、、orz...
でもまぁよい記念になりました♪

注)顔写真には目を向けないようお願いします…

■私の部屋づくり■

P.S.
本名が載るとは思ってませんでした。
なんていうのかな、、想定外です…。
あと、写真映り悪いな…(苦しい言い訳…笑)
posted by mfa at 18:52| Comment(33) | TrackBack(1) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

06冬ドラ「満足度ランキング」

オリコンで発表されてた。

1位:アンフェア
2位:白夜行
3位:時効警察(過去記事 CLICK♪

基本的にドラマは見てないけど、
時効警察はそこそこ見てるからこの結果は嬉しい限り…。
「クスっ」と笑えるようなセンスと、
オダギリジョー君と麻生久美子ちゃんの三枚目加減、
小洒落た部屋とファッションが見ていて飽きません。
アンフェアは少しだけ見たことあるけど、
篠原涼子ちゃんはきれいになったね。
やっぱ恋するオンナはきれいになるのねぇ…(笑)
白夜行は見たことなく…。

因みに始まる前の期待ランキングは以下。

1位:西遊記
2位:アンフェア
3位:白夜行

西遊記以外は期待を裏切らなかったということですな。
…西遊記は、、個人的にはやっぱ色々きついな。
深津ちゃんは出演を断る事はできなかったのかなぁ?
こうなることは予測できなかったのか?
特に青い沙悟浄はかなり違和感あるんだよなぁ…。
やっぱ堺正章の頃の方が良かったな。
これは「技術の進歩=良いもの」とならない良い見本?
こじつけかもだけど例えば
キレイな画像になった最近のTVゲームより、
昔のTVゲームの方が内容は良かったと思う。
こうゆう考えは歳か?(苦笑)

■ORICON STYLE■
posted by mfa at 13:10| Comment(0) | TrackBack(3) | entame | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

MARQUEE vol.53

てことで、今回のMARQUEEは盛り沢山です!
先の安藤裕子ちゃんにはじまり、
/木村カエラ/YUI/Cocco/YUKI/東京事変 etc.
でも安藤裕子ちゃん以外は立ち読みレベルか…(笑)

そういや中田ヤスタカ氏(capsule)の
グラサンを取った素顔を初めて見た気がする。
これまたどうしてオトコ前やないですかっ!
あと太田莉菜ちゃんも So Cute♪ (↓Back Cover)

MARQUEE vol.53 マーキー53号
MARQUEE vol.53

■MARQUEE■
posted by mfa at 16:05| Comment(7) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安藤裕子

andoyuko

土岐ちゃんの記事を書いてて、
ふいにMARQUEEのサイトを覗いたのがはじまり。
元々はカヒミ・カリィ、capsule...
といった流れでMARQUEEにたどり着いた。
きっとあたし好みのアーチストが集う雑誌であろう。
彼女はその表紙を飾っているのだ。
Amazonの紹介文には「Chara/椎名林檎」の名が連なる。
あたしが彼女を気にしない理由は見当たらない…(笑)

元々は映画監督を目指していた事。
何の因果か「池袋ウエストゲートパーク」にも出演…。
(あたしはドラマは見てないが…)
音楽の域を超えた創作活動…。
さっそくサイトで視聴してみる。

あ…。

迷い込んで疲れ果てた袋小路で、
一本の鮮明な光を見つけた様な感じだ。
チャラ?と思いつつ違和感を覚えていたあの曲。
「のうぜんかつら」
またまた気になるアーチストが増えました♪
…遅いっ!とか言うな!(笑)

確か1stはCCCD、2nd(↓)はそうではないようだが、
レンタルのそれはCCCDとなっていた。
今更それはないだろう…セコ過ぎる(苦笑)
そのレーベルのそういった姿勢があまり好きではないし、
彼女の品位を酷くしている様でなんだかなぁ…。

Merry Andrew
Merry Andrew

■安藤裕子■
posted by mfa at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

他人の顔/安部公房

mask

晴日さんに田中っち(GRAPEVINE)の愛読書と教わる。
ことさら読書に慣れていないあたしは辛かった…(苦笑)
いや、内容うんぬんの事ではなく、
1ページ1ページに埋め尽くされた文字に圧倒されるのだ。

??液体空気の爆発で受けた
 顔一面の蛭のようなケロイド瘢痕によって
 自分の顔を喪失してしまった男…
 失われた妻の愛をとりもどすために
 "他人の顔"をプラスチック製の仮面にしたて??

きっと表面的な内容そのものより、
主人公の内面の葛藤の中にその真意がある。
その価値観に頷く事もあれば肯定し難い事もあり、
終盤には「理屈っぽいな」と少しばかり嫌気を覚えた。
(もちろんそれは主人公へ向けての感情だ)
けれどそれは計算尽くされた故の結果なのだろう。
この物語の潔い結末にそれが現れている。
大江健三郎の解説には大いに勇気づけられた。
あたしも最中、放射線に伸びる複数の"道筋"に困惑した。

とっさに付箋紙を貼った箇所がある。
きっと読み返せばその数は増えるであろう。

- 未来とはつねに、過去からの演算にほかならない -

田中っちの使う表現を改めて思い起こせば、
なる程、色々影響されているのがわかる。
晴日さんの言っていた"光について"もそうだろうし、
他の曲にも多大に影響していると思った。
"Our Song"にも通じる所があるように思う。

■他人の顔/安部公房■
posted by mfa at 13:21| Comment(3) | TrackBack(1) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

土岐麻子 -TOKI ASAKO-

toki

マッツ。様記事に便乗♪(笑)
カエラちゃん目当てのMARQUEEで見つけた土岐ちゃん。
とかく雑誌の表情にヤられましたね…はい。
要は"Pin!"ときちゃった訳です。えぇ。
それは外見がどうこうではなく、
何か惹き込まれるというか…癒されそう系?
ま、単に好みっちゅうことですが、何か?

そら試聴するまでもなく、買うしかない!
ジャケ買いはギャンブルのようなものだけど、
これは個人的に大当たり!
でもこの声は好みが別れそうかな?
Cymbalsのボーカルとしての彼女、
JAZZを歌う時の彼女と明確に区別している感じがする。
つまり自身で演出しているというかね。

いずれにしても各方面から賛美を受けるその声が
結局彼女の最大の魅力と思います。
もちろんCM曲にも使われる程の
楽曲のクオリティの高さも否めません。

Debut
Debut
土岐麻子, クリヤ・マコト, いしわたり淳治, 大石学, リン・ホブデイ

■土岐麻子■
posted by mfa at 13:14| Comment(5) | TrackBack(1) | human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

寿限無寿限無…

Blogは2004年の秋から始めた。
ココ(JUGEM)は今年から使用している。
いずれにしてもあたしにとってココは
期待値以上に非常に使いやすいと思った。
これは好みの問題もあるだろうから、
一般見解ではないにしても、
今となっては以前のアメブロよりは使いやすい。
とかくアメブロはMacに少し厳しい印象だ。
それがどれほど非効率だったかは
ココで開設しなきゃわかんなかったんだろうなぁ…。
歩いてみるもんだな…。そう思った。

もちろんJUGEMに至るまでには色々試した。
livedoorは別途日記用に開設しているが、
メールで投稿するのみなので、管理画面は一切開かない。
でも使い勝手や機能はイマイチかなぁ…との認識。

ま、なんだかんだ言って
最終選考に残ったのはFC2とJUGEM。
軽さや機能やスキンデザインもなかなか。
きっと両者で大差はないんだと思った。
ただこれはあくまで主観だけど、
アダルト系が多い?URLにサーバNo.が入る…。
といった事が気になり、JUGEMの採択となった。
でも機会があればFC2も試してみたい。

spam_bn

因みにこうゆう活動も助かりますネ♪
posted by mfa at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

せめて未来だけは…

ホルマリン漬けのカエル見ながら誰かを蹴落とした
精神鍛錬空手道志し
蟻んこは踏み潰さないように
帰り道あの子待ち合わせフライドチキン
間違い気づいても途中で諦めず初志貫徹
継続は「力」なりご褒美はダイオキシントロフィ

挨拶を心がけて友人を大切に
カロリーは摂りすぎずストレス解消ビタミン剤
ワイドショーモラルで誰かを愛して
一人で部屋でオ○ニーはしちゃいけない…絶対!
責任という席を目指して突き進むのさ
座ったら座れたなら落ちないよう思い腰上げるな

夏には暑中見舞い子供の成長アルバム
安全運転事故られても事故るなよ!

若い頃はどうしてあんなに無茶なんだろ?
そんな音楽聴いて何か残るもんあんのか?
大人になりたくないと呟いてる大人
子供に戻りたいと呟いている子供
全てを否定しちゃ生きてはいけないだろう
全てを受け入れる程タフにはできちゃいないみたいさ
間違い気づいても途中で諦めず初志貫徹
継続は「力」なりご褒美はダイオキシントロフィ

身体に悪いからタバコは軽めにスーパーライト
話題の映画は全米で1位ならチェックするよ
一度でいいからコーンフレークで朝食を摂るような
生涯無縁のSexy不二子と寝てみたいのさぁ…

マテリアル
マテリアル

■SOPHIA■
posted by mfa at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | mind | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサギ虐待死

18歳の3人逮捕 ボール代わりに蹴る

そんなヤフトピを見かけた。以下要約。

??小学校で飼育していたウサギを
 サッカーボール代わりにけって殺したとして、
 警視庁少年事件課は18歳の無職少年3人を
 動物愛護法違反などの容疑で逮捕した
 3人は昨年5/8早朝、区立○○小に侵入し、
 ウサギ小屋からオスのウサギ1羽を盗んだ。
 さらに近くの公園で約1時間にわたって蹴るなどの
 虐待をし、死なせた疑い??

まず驚くべきはその年齢。
もちろん制度上未成年ではあるが、
義務教育も終え、結婚も仕事もできる年齢だ。

「慈悲」

彼らにはそういった感情はないのか?
虐待されたウサギはもちろん可哀相だが、
それとは比較にならない程の嫌悪感を覚える。

病んでいるとしか思えない。
責任をどこに向けようにも病んでいる。
このご時世、奇怪な事件は珍しくもない…。
特殊な家庭事情や育成過程を経て、
人格に弊害を来したというならまだ擁護できなくもない。
でも大の大人が同時に3人も人格を損なっているのか?
今回の事件は1人による犯行ではないのだ。
「内1人でも躊躇しながら蹴っていて欲しい…」
「内1人でも計画を阻止しようと思わなかったのか?」
くだらない懇願にまた困惑する。

身体だけオトナで頭は幼稚だ…。

あたしの幼少期も彼ら同様残酷だった…。
ここに文章に出来ないほど残酷で身の毛も弥立つ思いだ。
ただそれは小学校高学年にもなれば変わる。
地球上のあらゆる生命の尊さを知り、
自身の幼少期に犯した行為に目を覆うのだ。
それは誰から教えられることではなく、、
いや、もう考えるだけで馬鹿馬鹿しい。

けれど…もしかしたらそうやって
問題から簡単に目を背けてしまう
あたしらに突きつけられた課題なのか?

いずれもYahoo!からこのトピはすぐに消えた。
現在における義務教育の問題、
また社会環境の問題がこの事件には根深く潜む。
それが1要素に過ぎないにしてもそう思う。
この事件を簡単に風化させないで欲しい。
posted by mfa at 16:35| Comment(12) | TrackBack(8) | mind | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

au Design project neon

neon

毎回気になるけど、
いつしか飽きちゃいそうでなかなか手が出ない
au Design project...

今回は第1弾「INFOBAR」を手掛けた
深澤直人氏のデザイン。
さすがは今をゆくデザイナー。
いやはや、なかなかセンス良い。
でもやっぱり購入には至らないだろうな…。
天邪鬼と飽きそう…の葛藤(苦笑)

どうでもいいけど、
そのアイデアというか、TO:CA(↓)に似てる。
これも結構欲しかったりする…(でも高い…笑)

【送料無料】TO:CA LEDデジタルクロック type2
TO:CA LEDデジタルクロック


■au■
posted by mfa at 12:50| Comment(6) | TrackBack(0) | item | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

つつみ込むように…

misia

誰も皆 満たされぬ 時代の中で
特別な出会いがいつくあるだろう…


とにかく彼女(MISIA)を知った時はビックリした。
ようやく日本人にもこんな人が出てきたんだぁ…。
なんだか”本物”って感じで、、生意気ですが(苦笑)
そういや最近はあまり彼女の噂は聞かないけど…?

何を今更MISIAやねん!って、、
いや、その、今日はアレですわ。
チョコチョコ大作戦♪ってことで…えぇ。
このCDジャケット…
やっぱりビターなイメージなんですよ(笑)
去年も同じ日に同じ様な事、記事にしてましたが…
えぇ、きっと来年もそう致しますが…何か?

「いつしか大人の恋に臆病になってしまって
 出会うたびさよなら来ること
 考えて恐がって逃げ続けてるのさ…」

そういえばこれね、
当時はハイブリッドCDとかなんかで、
うまくMacに取り込めなかったんだけど、
こないだ試してみたらOKでした♪(笑)

MISIA GREATEST HITS
MISIA GREATEST HITS

■MISIA WEB■
posted by mfa at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

CARL ROTTER(カールロッター)

carlrotter

Carl Rotter -Honeycomb tumbler-

思えば2003年の秋。
青山のWESTREAMで見つけた水玉グラス。
万華鏡の様に映る向こう側の模様も素晴らしい。
けれど再度訪れた時に、もうそのお店はなくなっていた。

「メーカ名位聞いておくんだったな…」

ドイツ製であることだけは知っていた。
同店名の入る横浜ワールドポーターズにも出向いた。
土地柄か同じ店とは思えないテイストにがっかり…。
結局ネットで調べても有力な情報は得られなかった。

丁度1年前に…、、
(THE虎舞竜を思い浮かべたあなたは合格♪…笑)
不定期サロンの帰り、骨董通り。
見慣れない小さな店に吸い込まれる様に入る…。
「あ…」
随分と店主と話した。
このグラス(カールロッター)の事、お店の嗜好、
NYの名店"MOSS"がこれに目を付けた事。
(以降このグラスは一気にメジャーになった)
明日から買い出しに出るので店は当面閉めるという事…。
その日でなければ出会えなかった。

あたしはつくづく恵まれていると思った。
祈りや願いは通じるのだとも思った。
でもやっぱ偶然は訪れた結果必然に変わるんだなぁ…。
あたしはこれに巡り合う運命だったと思っている。

■Gradisca■
posted by mfa at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | curio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

自由が丘ロール

gaokaroll

通称ガオカロール♪(嘘です…?)
てかね、食べ物の怨みは怖いぜよっ!

てことで念願の自由が丘ロールデビュー☆
店は徒歩圏内でありつつ、
しかも今回買うのは2度目でありながら…
何故お初?(笑)

ま、それはどうでもええねんけども。
いや、結構根に持ってたりするけども…。
今回は以下の5つをチョイス。

自由が丘ロール
紅茶と林檎
バナナチョコ
◇レアチーズ…?
マロン

いずれも美味、世は満足じゃ。
もはや精神構成上そうゆう味覚になってます故。
んーマロンはちと存在感がなかったかな?
個人的には紅茶??は美味しかった。うん。
あとバナナチョコも王道だけど、やっぱおいち♪

そういや道中、凡ちゃん(大木凡人)とすれ違った。
身体もでかかったが、顔もでかかった…(笑)

■自由が丘ロール屋■
posted by mfa at 12:19| Comment(4) | TrackBack(2) | food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

アカルイミライ

akaruimirai

元々は浅野君目当てで観た映画。
そして最近はドラマ「時効警察」の影響もあり、
オダギリジョー君も気になってきたので記事にしてみる。
(時効警察については過去記事参照→CLICK♪

相変わらず浅野君は際立ってます!
出演時間は他の役者に比べて短いのだけど、
それが尚更彼の凄さを引き立たせてる気がします。
とかく浅野君の奇妙っぷりはたまりません…(笑)

んでこれが映画初主演のジョー君は、、
それ程彼の作品を観てないからなんとも言えないけど、
役柄としては合ってるのかな。
何処か危険で危うい感じ…。
器用に生きられず行き場をなくし、
もがき苦しむ青年を巧く演じてると思う。

映画の内容はとてもわかりやすいというか、
伝えたいメッセージはわりと伝わるのかなぁ…と。

人(生物)は環境に否応がなしに順応していく。
その表れが過去に生きるものにとって
どんなに奇妙に滑稽に映ろうとと、それは自然の摂理なのかな…。
誰しもが抱える危うさとそして秘めた能力。
いずれも表現方法が異なるに過ぎない…。
ま、いずれかのファンは観ても損はない作品かと。

あとこの作品て女性が殆ど登場しない…。
りょうとかちょい役で出てるけど、とにかくほんと出てない。
そうゆう意味ではちと新鮮な気がした。

因みにこの映画で「THE BACK HORN」を知った。
彼らの深く重い”音”が、なかなか好きだったりする。

アカルイミライ 通常版
アカルイミライ 通常版

■アカルイミライ■
posted by mfa at 22:18| Comment(2) | TrackBack(1) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

PUFFY×Opticien Loyd

yumixloyd

どこでもそうなんだろうけど、
blog管理画面にも色々とバナー広告があるんですよね。
ホイホイ釣られちゃいました…(笑)

別注大陸[So-net]

PUFFYは亜美ちゃん派なんだけど、
メガネは由美ちゃんモデルの方がオサレ♪
ピンクに水玉模様が So Cute★
でもこれ、掛けこなせるかなぁ…。
一歩間違えたら「C-C-B」になっちゃいそう?(苦笑)
あ、とかってサイト(↑)覗いたら…

-Romanticが止まらない[Remix Version]-

なんてのが2/23に発売だそうです。
懐かしいねぇ。当時カセットに録音してたなぁ…。
毎度お騒がせします/中山美穂/…Pinxxx♪(笑)
試聴も出来ますので同世代の方々は是非。

■別注大陸[So-net]■
posted by mfa at 13:06| Comment(2) | TrackBack(0) | fashion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

NIKEiD+木村カエラ

nikeid

久しぶりに「Kaela★Blog」覗いてみたら
カエラちゃん、NIKEiDとコラボってた。
彼女がセレクトしたのは、

-NIKE SPRINT SISTER iD-

なんでもヨーロッパで人気らしい。
カエラちゃんも4パターンデザインしてるけど、
いずれもカラフルでオサレです♪
あ、、、WOMEN'Sなのね…
でもサイズはあるからOKなのかなぁ???

そういや「NIKE iD」って随分昔からあるよね。
当時はデザイン出来る種類も少なかったし、
何度かトライしたものの注文には至らず。
でもってこれを機に今回サイト覗いてみたら、
昔に比べて随分と選択肢が広がった感じです。

「こんな色やあんな色??♪」

と楽しんではみるものの、、、
いつしかだんだん疲れてきます。
ま、歳ですかね?(苦笑)
でも1足位は…とか、ギフトにいいかも?
とか思いつつ重い腰は上がらず。

■NIKE iD■
posted by mfa at 12:57| Comment(4) | TrackBack(0) | fashion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。